eレーシック >> ウェーブフロントレーシックとは?

ウェーブフロントレーシックとは?

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックは、これまで不可能だった細かな高次収差をウェーブフロントアナライザーという検査機器で解析し、矯正するレーシック手術方法です。
手術によって球面収差やコマ収差をゼロに近づけるため、網膜に結ばれる像の精度が高くなり、手術をしてない正常眼よりもよく見えるようにすることも可能です。
収差や不正乱視を矯正することによって、通常のレーシックよりさらに視界ののボケやにじみが改善され、同じ視力でもよりくっきりと見えるなど、見え方がいっそう綺麗になります。
つまりは同じ視力であっても、手術をしていない正常な目よりもクリアな見え方になります。

不正乱視

ウェーブフロントレーシックのメリット

  • わずかな歪みを矯正できるので、よりクリアな見え方が得られます。
  • 収差を打ち消すデータを入力するため、屈折異常を治すだけでなく、高い視力を得ることが可能となります。
  • レーシックの合併症として、術後に発生する可能性の合った光のギラツキや、光源の周りに輪が見えるといった症状がほとんど起こりません。
  • 従来のエキシマレーザーを用いたレーシックでは治療できなかった乱視も治療できます。
  • メガネやコンタクトレンズでは矯正できない不正乱視を矯正することが可能です。

ウェーブフロントレーシックのデメリット

  • マイクロケラトームでフラップを作成するため、角膜が薄い人は治療ができません。
eレーシック >> ウェーブフロントレーシックとは?