eレーシック >> すぐにレーシックを受けるのは控えた方がよいVDT症候群

すぐにレーシックを受けるのは控えた方がよいVDT症候群

VDT症候群の症状

現代人のテクノストレス眼症状のひとつに「VDT症候群」と呼ばれるものがあります。

VDT症候群(ブイ・ディー・ティーしょうこうぐん)とは、コンピュータディスプレイなど表示機器(総称して Visual Display Terminal、VDT と呼ばれる)を使用した作業(VDT作業ともいう)を長時間続けたことにより、目や体、心に支障をきたす病気のことです。
コンピュータのディスプレイとは液晶ディスプレイCRTディスプレイ有機エレクトロ・ルミネッセンス・ディスプレイ(有機EL)プラズマ・ディスプレイ蛍光表示管ディスプレイ発光ダイオード・ディスプレイなど、ほとんどのコンピュータ画面が含まれます。
このVDT症候群の怖さは、視力低下など目への影響だけでなく、体や精神的な部分にまで影響を与えます。

VDT症候群の主な症状

目の症状 - ドライアイ充血視力低下など

体の症状 - 首、腰、肩のこり痛みなど

心の症状 - 食欲減退不安感抑うつ症状など

コンピューターソフトの制作者や、在宅ワークで常にパソコンなの長時間作業をされているという方は特に要注意です。
まずは「目の問題」。
ドライアイになったり近視が進行することもあります。
特に、「この仕事をするようになってから視力が低下した」などというケースはよくあります。
また、視力低下の他にも、はきけめまいなどの症状が出ることもあります。
また、VDT症候群となると、肩や首が凝ったり、全身にだるさを感じることもあります。ひどくなると手がしびれるなどの症状が出ることもあります。
また、メンタルな部分では、不安感イライラを感じるようになったり、うつ症状が出てしまうこともあります。
VDT症候群は決して「視力だけの問題」ではないので、十分に注意してください。

VDT症候群の対策

日本では、厚生労働省がVDT作業者の心身の健康のためにVDT作業における労働衛生環境管理のためのガイドラインを定めています。
この労働衛生環境管理のためのガイドラインは、照明や椅子の工夫、ユーザインタフェースの設計だけでなく、入力ミスを修正しやすいソフトウェア設計による緊張感の軽減などと、多岐にわたっています。
また、実際にVDT症候群にならないための予防・対策方法とてはまず、長時間パソコン作業などをする場合でも、1時間おきに10分ほどの休憩をとること。
休憩時はパソコンを見ることをやめ、軽い運動をしながら景色を見るなどして、目と体を休めましょう。
仕事でパソコンを四六時中扱う生活になっている人は、現代ではとても多いはずです。
そういう方は、スポーツや適度な運動を継続していくことでVDTの予防につながります。
また、様々な異なる風景を見ることで、視力を保持するのにも効果的です。

軽いスポーツが効果的

VDT症候群になると、視力などの身体的な部分だけではなく、精神面にも影響が出てしまいます。
適度な運動をすれば、身体や先進的なリラックスを導くことにもつながります。
運動をした後に、なぜか自然にプラス思考になっていた、という経験はよくあるケースです。
身体を動かすことは、にも好影響を与えているといわれています。
日常がパソコンに向うデスクワークばかりで、日々運動を全くしない・・・という方は、ぜひ時間を取ってスポーツ・運動をする習慣を身に着け、それを継続していくようにしてください。

症状が出たらすぐに眼科へ

VDT症候群ではないか?と少しでも感じたら、すぐに眼科へ行き、相談してみましょう。
症状に対応する眼鏡が処方される場合もありますし、点眼薬や、飲み薬などが処方されることもあります。
仕事やネットを使うパソコンだけではなく、携帯電話テレビゲームなどを長時間するという方も増えています。
子供の長時間にわたるテレビゲームも問題ですね。
長い時間連続してのテレビゲームに夢中になると、子供の近視を進行させることにもつながります。
うまく遊ばせることが大切です。
今の世の中では、「テレビゲームは禁止」というのは、なかなか難しい状況になりつつあります。
ゲームとうまく付き合わせる方法を親が導いてあげることが必要かと思います。
またVDT症候群の症状が出た場合は、それが収まるまでレーシック手術などは控えた方がいいでしょう。
ただし、詳しくは眼科やレーシック手術のクリニックに相談してください。

eレーシック >> すぐにレーシックを受けるのは控えた方がよいVDT症候群

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)