eレーシック >> レ―シック手術前の適性検査

レ―シック手術前の適性検査

自分に合った手術法を決めるために

レーシック適性検査 まず、レーシック手術は誰もが受けられるというわけではありません。
レーシックは視力回復手術の種類がいくつかあるので、事前にすることによってそれぞれの方に合った方法を選ぶ必要があります。
ほとんどのクリニックでは、実際に施術を行う前に必ず適性検査を行うようにしています。
これは施術の前に行われ、現在では費用が無料になっているクリニックが多くなってきたことで、誰もが気軽にこれを受けることができるようになりました。
まずは、自分がWebサイト等で選んだクリニックに電話やメールで予約を行います。
そして、予約当日に、そのクリニックに出かけて受けます。
実際に視力回復オペを受けるかどうか悩んでいる方でも、事前診断を受けることは可能です。
またその際に、実際にどのぐらいの費用がかかるのかなども分かります。
施術に対して不安な方も、直接医師と話し合うことでカウンセリングも受けることがもきます。
さらに、適応検診でレーシックを受けることが可能と診断されても、必ず受けなければならないということはありません。
レーシックが可能と診断されたその日のうちに日程を予約する方もいれば、不安感が拭えずに他のクリニックで再度事前診断を受ける方もいるようです。
無料で検診を行ってくれるクリニックが増えてきましたので、自分が納得のいくクリニックを選択すると良いでしょう。

レーシックの事前検診の流れ

レーシックのための適性検査とは、実際に手術を行う前に実施されるもので、眼圧・屈折率・角膜の厚さや形状・角膜内皮細胞の撮影・瞳孔径・涙の量など色々あります。
クリニックに行かれて、見慣れない機器が並ぶ検診室に緊張する方もいらっしゃるようですが、どの診断も簡単に行われるので心配いりません。
視力検診については、これは誰もが一度は行ったことがあるので十分にお分かりでしょう。
このほかには機械による他覚屈折度・角膜曲率半径測定査などがあります。
これは視力回復オペの前に行われるもので、まずは目に光を当て、近視や乱視の度数・角膜の湾曲度を測定します。
角膜検診は視力回復オペでとても大切な項目となります。
レーシックが可能かどうか調査するために、パキメーターと呼ばれる機器によって厚さを調べます。
角膜の表面・湾曲の検査では、低出力のレーザーを照射。
強い光を目に当て、水晶体や角膜に異常があるかどうかは細隙灯顕微鏡検診で調べます。
眼圧検診は、空気を目に当てて測定されます。
緑内障の恐れがあるかどうかを調べるものです。
瞳孔径測定は、視力回復オペのグレア現象に影響があるようです。
点眼薬で瞳孔を開いたあと、目の奥を検診して病気があるかないかを調べるのは眼底検診と言います。
各検診において瞳孔を開いたりレーザーを照射したり、また強い光を目に当てるなど実際のレーシック前に恐怖や不安を感じる方も多少はいらっしゃいます。
しかし、実際には痛みを感じることはなく、眩しさを感じる程度なので、ほぼ心配はいりません
これらの検診は3〜4時間の所要時間がかかりますので、長い時間クリニックにいることとなります。
そのせいか、土曜日、日曜日に受けられる方が多いようです。
また適応検査を行う日は、瞳孔を開く検診を受けた後に光が眩しく感じることから、車を運転してクリニックに行くのは控えたほうがよさそうです
普段からメガネで視力を矯正している場合は、いつもかけているメガネを持参しましょう。
また、常用している点眼薬や内服薬がある場合もその旨かならず医師に伝えてください。
また、日常的に視力を矯正するためにコンタクトレンズを使用している方は、視力回復手術の適応検査で制限があります
必ず医師の指示に従ってください。
必要な検診が終わったあとは、通常医師とのカウセリングが行われます。
医師に対して質問があるときは、このカウセリングの際に十分に話し合い、納得するまで説明を求めることもできます
あなたにとってレーシックが可能なのか、可能ならばどの方法がいいのか、また後遺症やデメリットについて医師から説明があり、質問や相談を行い、適応検診が終了となります。

検診の種類

視力検査 目に光を当て、近視や乱視の度数・角膜の湾曲度を測定
角膜検検査 角膜の表面・湾曲、水晶体の検診
眼圧検検査 緑内障の恐れがあるかどうかを調べるものです
瞳孔径測定 視力回復手術後のグレア現象の影響を調べる
眼底検査 目の奥を検診して病気があるかないかを調べる
eレーシック >> レ―シック手術前の適性検査

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)