eレーシック >> サプリメントの視力回復効果

サプリメントの視力回復効果

眼病予防に効果的なサプリメント

頭上から見た右目の断面図 まず、視力回復サプリメントには、眼病を予防する効能があると言われています。
さらにすでに眼病にかかっている場合でも、サプリメントを摂取することによって進行をおさえることは可能で、改善する場合もあるそうです。
たとえば、眼球内血行を良くしてくれるサプリメントもあります。
目の血行が良くなると、細胞新陳代謝が良くなり、目の健康が守られます。
さらに、抗酸化物質のサプリメントは、目の酸化を防ぐ効果がります。
目の病気の根本的な原因は、活性酸素が発生することによって、細胞が酸化変性されるため、といわれているからです。

視力回復サプリメントの種類

■ルテイン
ルテインカロテノイドの一種で、強力な抗酸化物質です。
目の網膜にある「黄斑部(おうはんぶ)」とレンズの「水晶体」に多く含まれまれています。
その他にも目のほとんどの組織にあります。
ルテインを摂取することにより、黄斑変性症白内障緑内障を始めとして、あらゆる眼病予防改善に効果的といわれています。
そして、ルテインは、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれています。


■アントシアニン
アントシアニンポリフェノールの一種で、強力な抗酸化物質です。
ブルーベリーに多く含まれています。
目の網膜にある「ロドプシン」という、光を感知する視物質にかかわっています。
アントシアニンを多く摂取することで、ロドプシンの再合成がうながされ、暗い場所でも見やすくなります。
また、アントシアニンには、目の網膜の血行をよくする働きもあり、網膜の健康にとって、重要な成分です。


■ビタミンC
ビタミンCは、強力な抗酸化物質です。
レンズである「水晶体」や目をうるおす「」、そして眼球内を循環している「房水」、眼底の「網膜」に多くふくまれています。
目の内部は、紫外線などの光を多く通すため、酸化変性しないようにビタミンCが多く含まれているのです。
さらに、ビタミンCは、角膜水晶体を形づくる「コラーゲン」の生成にも不可欠。
そして、水晶体の酸化変性を防ぐため、白内障老眼の予防に効果的だといわれています。


■ビタミンA
ビタミンAの前駆体である「ベータカロチン」には抗酸化作用があり、目の組織を、活性酸素による害から守ってくれています。
ビタミンAは、網膜に多く含まれています。
網膜には光を感知して、暗順応に非常にかかわる「ロドプシン」という物質があります。
ビタミンAは、このロドプシンのもとになる物質なのです。
したがって、ビタミンAを十分に摂取すると、暗い場所でも、よく見えるようになります。
そして、「角膜」、「結膜」といった目の”粘膜”を保護する作用もあります。
目の表面を涙で潤すことにより、乾燥とウィルスから目を守るのです。
ただ、ビタミンAは脂溶性なので、摂りすぎには十分注意する必要があります。

■ビタミンB群
ビタミンB1糖質の代謝を助け、眼精疲労を和らげます。
ただ、日本人に不足しがちな栄養素です。
ビタミンB2は、脂質の代謝を助け、目の表面を保護します。
さらに動脈硬化をふせぐ作用があるため、網膜の毛細血管を健康にたもちます。
ビタミンBは、角膜や水晶体の素材であるコラーゲンの生成を促進。
免疫力を高め、アレルギー症状を軽減。
神経伝達物質も含まれます。
ビタミンB12は、造血に作用します。
特に眼球内の血行とかかわりがあります。
神経の伝達を円滑にする作用も認められています。
そのほかにも、さまざまな視力回復サプリメントがあります。


【亜鉛】
亜鉛は、網膜の黄斑部(おうはんぶ)に多く含まれています。
ビタミンA、C、Eと亜鉛の組み合わせは、黄斑変性症の予防・改善に効果的です。


【イチョウ葉】
イチョウ葉の摂取は、目の血流をよくします。
痴呆症の予防に効果があると言われています。


【DHA】
DHAの摂取は、視神経の血流を良くすると言われています。


【カルシウム】
白目強膜は、カルシウムによって強い組織を形成。
カルシウムを多く摂取することにより、近眼を予防すると言われています。


【コンドロイチン】
透明でゲル状の「硝子体(しょうしたい)」、水晶体の厚みを調節している「毛様体(もうようたい)」には、コンドロイチンが多く含まれています。


【コラーゲン】
角膜水晶体は、コラーゲンでできています。
この透明なふたつのレンズをいつまでも若々しい透明性をたもつために、コラーゲンの摂取は有効。


【ビタミンE】
ビタミンEは、ビタミンCなどと協力してはたらく抗酸化物質
毛細血管の血流をよくしてくれます。

eレーシック >> サプリメントの視力回復効果

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)