eレーシック >> 手術前の注意

レーシック手術前の注意

まずは、手術の内容を正しく理解する

理解 「レーシックに興味があるが、怖くて不安だ」と思ってらっしゃる方は多く、実際にレーシックの相談をされる方のほとんどが、「手術は痛くないのですか」「視力は本当に回復するのですか」「失敗することはないのですか」という質問をしています。
医師には説明の義務がありますので、もちろんこれらの質問には患者が納得するまで説明が行われます
正しく手術の内容を理解していただくことが、より良い結果にも繋がり、何より少しでも不安や恐怖を取り去り、安心・納得した上で手術を受けていただくことが大切です。
ご自身でもインターネットや書籍、手術を受けた知人の方などから体験談を伺っておくこともひとつの手です。
しかし、近視手術は日々進歩している分野であり、年代や媒体によってもさまざまな情報があります。
このような情報は全てを鵜呑みにするのではなく、あくまでも情報の一部であることを頭の片隅に置いておいて下さい。
実際に手術を受ける前には、自分が受ける手術内容をよく理解することが大切です。
少しでも不安や疑問、また誤解のないように、手術前に担当医に相談しましょう。

正しく理解し、納得できたら受否を決定する

レーシック手術は、手術の中でも安全性が高いものですが、手術ですので100%安全ですとは言い切れません。
目はとてもデリケートな器官で、個人個人によって全く違うものです。
ですから、手術の適合について、またメリット・デメリットについて担当医から十分に説明を受け、危険性も正しく理解した上で、手術の受否は判断してください。

迷ってしばらく考えても近視は急に悪化しないので、心配しないでください。

手術前の期間に注意すべきこと

手術を受けることを決断し、同意するといよいよ具体的な日程の調節をします。
目の状態は日々変わってしまうものなので、検査から手術まではなるべく日を空けないようにします

レーシック手術の手術時間は10分〜15分程度なので、入院の必要がありません。
ただし、デリケートな部分への手術ですので、以下の点は守りましょう。
手術前

  1. コンタクトレンズは3日程度前から中止
  2. 体調を整えておく
  3. 前日に入浴を済ませ、清潔にしておく
  4. 来院はリラックスできる服装で
  5. 手術当日はノーメイク
風邪を引いていたり、体調が万全でない場合は手術が延期になる場合もあります。
また感染症の心配があるので、前日に入浴し、体を清潔な状態にしておきましょう。
コンタクトレンズの装着やメイクなども目の周りのトラブルに繋がりかねないので一旦中止しましょう。

eレーシック >> 手術前の注意