eレーシック >> 視力が悪いとなれない職業

視力が悪いとなれない職業

視力で制限される職業や資格

視力が悪いとなれない職業 「若干不便であっても、メガネやコンタクトレンズで十分」という方はそのままでいいと思います。
しかし、視力で制限される職業や資格があります
代表的なものといえば、普通自動車運転免許でしょう。
両眼で0.7以上、片目でそれぞれ0.3以上の視力が必要となります。
運転免許の場合、矯正後の視力が認められてますので、メガネ・コンタクトレンズを着用して一定の視力があれば問題ないのですが、体質的に合わない、又は、矯正しきれないという方もいます。
運転中のみメガネを着用する方も多いですが、不便となります。

メガネやコンタクトレンズは、あくまで視力が落ちた際の対処療法的になります。
日常生活は問題ありませんが、根本的に視力を矯正したことにはならないです。
しかも使用中の不便さ、煩わしさはなくなりません

さらに「裸眼での視力」が一定以上必要な職業・資格もあります。
この職業に就きたい方にとって視力は人生を左右する重大な問題です

視力が悪いとなれない職業

視力が悪いとなれない職業 例えばボクサーパイロット競馬の騎手消防官法務教官といった職業は視力に左右されます。
いずれも一定以上の「裸眼での視力」が必要となります

消防官の場合、裸眼視力が0.3以上、法務教官は0.6以上(矯正視力1.0以上)でなければ受験資格も与えられないです。
また視力が命といわれるパイロットは視力だけでなく目の屈折度数まで決められています
日本国内の基準では±0.25D以内、自家用ヘリのパイロットは-5.0D以内、事業用ヘリのパイロットは-4.0D以内の裸眼視力が求められます。

その他視力の規定はないものの、野球選手等野外競技のスポーツ選手の中には、土埃などでコンタクトレンズの装着が難しい場合もあります。

視力が悪いために自分の夢や希望の職業を断念することはとても残念な事です。
レーシック手術を受ける方の中には、視力を取り戻し、夢を実現させる方もたくさんいます

eレーシック >> 視力が悪いとなれない職業