eレーシック >> 老眼治療

老眼治療

歳をとると多くの方がお世話になる老眼鏡。
老眼はレーシック手術では治らないと言われることもあったのですが、現在では技術の発達で老眼にも対応できる方法が誕生しています。

老眼(老視)とは

レーシックで老眼治療 老眼は、加齢により水晶体の弾力性が失われ、調節力が弱まり、近くのものに焦点をあわせることができなくなってしまう現象のことをいいます。
個人差がありますが、だいたい45歳前後から始まると言われてます。

老眼は本当に回復するの?

老眼は一度進行すると回復しないものとあきらめている方が多いかと思います。
一般的な近視向けレーシック手術を受けても老眼は治りません。
しかし、特別な治療をすることにより改善、回復することができる可能性があります
それが老眼矯正レーシック「モノビジョンレーシック」なのです。
老眼の進行を完全に止めることはできないですが、治療を受けることにより、以前の視力に戻す事が可能です。

老眼矯正レーシック

特徴・手術方法

手術にはエキシマレーザーを使用します。
角膜の中心部分を遠方に、角膜の周辺部分を近方に合わせるように矯正することで、角膜形状を遠近両用のコンタクトレンズに似たような形となります。
治療が成功すれば遠くも近くもある程度見えるようになります。

注意点

  • 視力が安定するまで1ヵ月から3ヶ月程度かかる
  • 細かい文字等を見る時、眼鏡が必要になることもある
  • 瞳孔が小さい人は、遠近両用の機能が十分に機能しない場合がある

モノビジョンレーシック

特徴・手術方法

モノビジョンとは片目に近視を残しつつ、もう一方の目を遠距離用に調整すること。
つまり、片目で投句をもう片方の目で近くを見る状態になります。
適応検査と手術前の検査でモノビジョン状態を作り、手術で矯正する度数を決めます。
手術方法は通常のレーシックと同じになります。
レーザーでそれぞれの角膜を遠方用、近方用の形状に変えていきます。

注意点

  • 慣れるまでに1ヵ月から3ヶ月程度かかる
  • 眼精疲労を生じることがある
  • 立体感覚が低下する場合があるので、車の運転や細かい作業をする人は注意しなければいけない
老眼回復のメリット
eレーシック >> 老眼治療