eレーシック >> ラセックとは?

ラセックとは?

ラセック

ラセックとはアルコールで浸し、柔らかくした角膜上皮を剥がし、ごく薄いフラップを作成してエキシマレーザーを照射し、視力を回復させる屈折矯正手術の術式になります。
マイクロケラトームを用いるレーシックに対し、フラップをさらに薄く作ることにより、レーシックの適応範囲や矯正度数の限界を安全・確実に克服した手術ができます。
角膜の強度を保つためにエキシマレーザーでの屈折矯正手術は、フラップの作成後、ある程度の角膜の厚みを残す必要があります。
対するラセックは、フラップを薄く作成する分、角膜の厚みを十分に残すことができるので、角膜が薄い方や強度近視の方にも対応が可能となります。

ラセックのメリット

  • ケラトームの使用による眼球の吸引が必要ありません。
  • レーシック手術が受けられない、角膜が薄いといった方でも矯正が可能です。
  • フレックスと同様の効果が得られますが、フレックスに比べ、痛みが減少します。
  • よりフラップを薄く正確に作成することが可能となりますので、その分角膜実質層を削り取れる涼が増え、実際のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能です。

ラセックのデメリット

  • アルコールを使用するため、長期的リスクが不明となります。
  • 角膜上皮混濁を生じる場合があります。
  • 視力が回復するまでに、レーシックよりも時間がかかります。
  • 両目の同時手術ができない場合があります。
  • アルコールで角膜をふやかすという点で、レーザー照射の精度に誤差が生じる可能性があります。

手術手順

1.点眼麻酔

1.点眼麻酔

目を洗浄した後、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行います。

2.マーキング

2.マーキング

角膜上皮に専用の道具でマーキングし、アルコールで約30秒間浸して角膜上皮を柔らかくします。

3.フラップの作成

3.フラップの作成

洗浄液でアルコールを流しきったあと、やわらかくなった角膜上皮を持ち上げ、非常に薄いフラップを作ります。

4.屈折矯正

4.屈折矯正

フラップをめくり、角膜実質層にエキシマレーザーを照射して屈折力を調整します。照射後、フラップを元の位置に戻します。

5.消毒

5.消毒

全体をきれいに洗浄したあと、薄い上皮細胞を保護するための治療用コンタクトレンズを装着し、ラセックの治療は終了です。

eレーシック >> ラセックとは?