eレーシック >> 乱視や不同視も治療できる

乱視や不同視も治療

乱視や不同視も治療できる

「レーシックは近視手術と言われるけれども、不同視は治せるのだろうか」
乱視があるのだが、レーシックは受けられるのだろうか」という疑問を持っている方も多いと思います。

不同視は左右の視力が極端に違う症状です。
乱視は物や景色が部分的に異なって歪んで見える症状です。
上記、どちらの症状も近視手術で治すことができます

不同士の場合、左右の視力の差により、眼精疲労による頭痛を起こしやすく、外出が危険な場合もあります。
レーシックでは左右それぞれの視力や状態に合わせて施術をすることができます。
また、片目だけの手術も可能なのです。

レーシックではレーザーのエネルギーを調節することにより乱視と近視の矯正を同時に行うことも可能です

不同視

不同視 左右の屈折率が著しく違う(度数の差が2D以上)状態にある目のことを「不同視」といいます。
近視(遠視・乱視)で左右の視力にかなりの差がある状態の目のことを「同種不同視」といいます。
片目で近視で片目が遠視というような「異種不同視」といいます。

不同視の場合はメガネで両眼を完全に矯正しても、近視が強い方の目では物が小さく見えてしまい、めまいが起こり、物を見るのが難しくなります。
また立体的に物を捉える能力も低下します。
メガネで不同視を矯正する場合は、近視の軽い方の目に合わせなくてはなりません。
従って、度数の大きな目の方は弱視になりがちになります。

乱視

乱視は角膜や水晶体が歪んで光が点に結びつかない状態にあります。
本来、角膜の表面というのはきれいな球体なのですが、乱視の場合は球体をなしておらず、光が錯乱して見えてるようになります。
乱視の場合は矯正にハードコンタクトレンズを用います。
角膜の変化が著しい強度乱視になると、コンタクトレンズがぶれてしまい、安定しなくなってきます。
左右や上下にずれる、外れやすい頻繁に結膜炎を起こす等の強度の乱視では、レーシックで治した方が賢明ということになります。

乱視
eレーシック >> 乱視や不同視も治療できる