eレーシック >> オルソケラトロジーとは?

オルソケラトロジーとは?

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは、夜寝る前に特殊なコンタクトレンズを装用して、寝ている間に視力を矯正させるという画期的な方法です。
うたた寝をした際に顔にあとがつくように、寝ている間に特殊なレンズで角膜を矯正し、コンタクトレンズを外した後もしばらくはその形が保たれ、一時的に近視が治ります

このコンタクトレンズは高酸素透過性で、個人の角膜の形状や近視の度数、角膜にきちんと合った特殊なレンズです。
取り扱いは普通のハードコンタクトレンズと同様な装着、脱着ができます。
「夜寝る前に装着し、朝起きて脱着する」のが一般的です。
このコンタクトレンズを夜間装用するだけで日中は裸眼でもよく見えるようになります。
朝コンタクトレンズを外すとクセ付けられた部分により、正常な視力を取り戻せます。

ただし、完全に個人個人に合わせたオーダーメイドの製品となりますので、コスト面で高くつきます
また現段階では強度の近視には対応できません。

個人差はありますが、約一週間程度で効果が得られ、最新の近視屈折矯正法として、世界的に注目を浴びてます

オルソケラトロジーのメリット

  1. レーシックのようにフラップが剥がれる心配がない。
  2. テストレンズで効果を確かめてから装用を開始できる。
  3. 7歳〜65歳までの幅広い年齢層の装用が可能。
  4. 視力規制のある資格、免許でも認可されてます(パイロット以外)。
  5. 装用を中止することで角膜の形を元に戻すことができます。
  6. 使い方が簡単。
  7. 起きている間は裸眼で過ごすことができる。

オルソケラトロジーのデメリット

  1. 個人差はありますが、装用開始からしばらくは視力が安定しないことがある。
  2. コンタクトレンズのケアが毎日必要である。
  3. 強度の近視や遠視、乱視の状態によっては治療できないケースがある。
  4. 就寝前に必ずコンタクトレンズを装用しなければならない。
  5. 目の状態がオルソケラトロジーに不適応の場合は治療を受けることができない。

装着の流れ

装着の流れ
eレーシック >> オルソケラトロジーとは?