eレーシック >> 向いてない人

向いていない人

レーシック手術は非常に敏感な「目」を治療する、とても繊細な術式です。
従って、疾患や問題を抱えている場合は手術を受けることができません。

疾患に関して

疾患に関して 疾患とは、円錐角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことのある方、緑内障、白内障、ぶどう膜炎、術後の角膜創傷治癒過程に問題のある疾患、角膜疾患を起こす恐れのある薬剤の服用中などが挙げられます。
また長年コンタクトレンズを使用している方に見られる、角膜の内皮細胞が極端に少ない、角膜が極端に薄い方も避けるべきです。

目に関する症状以外では、膠原病などの傷の治りが悪い方、糖尿病の方も角膜の再生が遅くなるので手術が受けられません。
ただしこれらの問題は、軽度であれば手術できることもあるので、自己判断はせずに検査を受けるといいでしょう。

妊娠中・授乳中

妊娠中や授乳中の妊婦も手術は受けられません
術後に使用する目薬が、胎児や乳幼児に与える影響がわかってないかです。
手術が受けられるのは授乳期間が終わってからになります。

未成年者から白内障年齢まで

レーシックは、原則的に未成年は受けることができません
まだ視力が安定せず、近視が進行中の場合があるためです。
手術をしてなおしても、再度近視が進んでしまう可能性があります。
近視の進行は、一般的には24〜25歳で止まると言われてます。
しかし、生活の状況や環境などで違ってくるので、医師とよく相談することが大切です

ただし未成年の場合でも例外として施術が認められる場合もあります。
その際は保護者の承諾書が必要となります。

施術の上限は白内障年齢までです
白内障は水晶体が白濁する加齢変化で、誰にでも起こります。
白内障が進行すると、水晶体を人工水晶体と取り換える手術を行いますが、近視が強かった方は程よく近視を改善させることができます。

受けない方がよい人
eレーシック >> 向いてない人