eレーシック >> 目についての知識

目についての知識

近視や遠視、乱視、レーシック手術を正しく理解するために、ここで目の仕組みを見てみましょう。
人間の目の構造はよくカメラに例えられますが、構造は基本的に同じとなります

眼の構造

眼の構造

角膜

一番外側にあるのが「角膜」となります。
外気に直接触れる部分ゆえ、瞬きをすることによって涙が供給され、消毒されるとともにホコリやゴミを洗い流します。
透明な膜で、上皮層、ボーマン膜、実質層、デスメ層、内皮層の五層構造を成してます
厚さは約0.5〜0.6mmとなります。

レーシック手術は再生しない実質層にエキシマレーザーを照射して削るため、手術治療後に安定した視力が得られます。
エキシマレーザーの照射の影響はデスメ層や内皮層には及ぶことはありません。

角膜

水晶体

「水晶体」は凸レンズの形をしており、毛様体に付属したチン氏帯という糸状の組織で引っ張られています。
遠くを見る時は毛様体は緊張が取れて水晶体が薄くなってます。
その際光は網膜に像を結びます。
近くを見る時は薄い水晶体では、焦点は網膜より後方に結んでます。

焦点をあわせる為に毛様体が緊張してチン小帯が緩んで水晶体が厚くなります。
厚くなった水晶体が光を網膜まで引き寄せます。

網膜と視細胞

光は「網膜」の黄斑部に像を結びます。
黄斑部には光を感じる視細胞がありますが、近視で軸が伸びると細胞の密度が小さくなり、物を見分ける能力が低下します。
子供はこの軸が短いので細胞密度が高く、1.0以上の視力が普通です。
しかし細胞密度の低下や老化で細胞の数が減った際は、レンズで矯正しても1.0の視力に達しない弱視になることがあります。

近視が悪化するしくみ

網膜にシャープに映像を映し出すためには、水晶体による調節が必要となります。
この調節は水晶体自身ではなく、水晶体を支えている毛様体の作用により行われます。

しかし、近くを見続けるなどして毛様体の緊張が続くと偽近視(仮性近視)となり、その状態が習慣化すると目の軸が伸びて近視となります。
成長期における若い人、近視が重い方、長時間コンピュータ作業をする方は眼軸が伸びやすい傾向となり、注意が必要です

eレーシック >> 目についての知識