eレーシック >> 眼鏡のデメリット

眼鏡のデメリット

眼鏡は手軽な矯正法

眼鏡は手軽な矯正法 近視や遠視、乱視を矯正する際に真っ先に思いつくのはメガネを作ることでしょう。
日本でメガネをしている方の数は約3,000万人と言われております
これは、全国民の4人に1人がメガネをかけていることになります。

これだけの人がメガネをかけている理由は取り扱いが楽な点が挙げられます。
コンタクトレンズのようなケアは必要ないですし、目を傷つけるような危険性もありません。
お子さんからお年寄りまで手軽に視力を矯正することができます

最近ではメガネの機能も進化してきてます。
レンズに関しては、昔と比べると格段に薄く、軽くなりました。
フレームもオシャレなデザインなものが増え、目が悪くなくてもファッションアイテムとしてかける方もおります。

しかしどんなにメガネが進化しても、基本構造は変わりません。
当然、目が悪ければメガネをかけなくては見えません。
メガネをかけることの不便さはなくならないのです

眼鏡のデメリット

眼鏡は手軽な矯正法 日常生活でメガネをかけることによるデメリットは下記のようなものが挙げられます。

  1. 温度・湿度によるくもり
  2. スポーツなどのアクティブな動きの妨げ
  3. 裸眼では見えない
  4. 視野が狭い、歪んで見える
  5. 顔の印象が左右される

温度や湿度によるくもり

スポーツ等、アクティブな動きの時、メガネが妨げになってしまうことは避けられないです。
サッカーやバスケットなどの球技ではメガネをかけたままのプレーは危険も伴います。

スポーツなどのアクティブな運動の妨げ

地震や火事などの災害が起こった際はより重要になります。
仮に就寝時、災害が起こった場合、メガネがすぐに見つからない、破損してかけられないといったアクシデントが考えられます。

かけないとみられない

地震や火事などの災害が起こった際はより重要になります
仮に就寝時、災害が起こった場合、メガネがすぐに見つからない、破損してかけられないといったアクシデントが考えられます。

視野が狭い、ゆがんで見える

医学的な見地ですが、人は裸眼では180度〜200度程度の視野があります。
しかし、メガネをかけるとグッと視野が狭くなり、120度程度になってしまいます
そのため、裸眼であれば視野に入るものも、メガネをかけると見えないこともあります。

顔の印象が左右される

オシャレでかける人もいると述べましたが、そのようなメガネは顔の印象を大きく左右します
視力矯正用のメガネはどうしても見る角度によっては像が歪むという弱点があります。
また度数が合わなくなると買い替えなくてはならないというコスト面でのデメリットもあります

eレーシック >> 眼鏡のデメリット