eレーシック >> レーシックとは?

ご存知ですか?

ABOUT Lasik?

レーシック(LASIK)は、正式には「Laser in Situ Keratomileusis」といい、「レーザーで角膜を修正する」という意味があります。
1990年代に確立された、近視や遠視、乱視を矯正する手術です。

日本では、200年に厚生労働省が「エキシマレーザー」の安全性を認め、眼科医療機器として許可したことから、現在では大学病院等でこの手術を行うところが増えております。

レーシック手術は、「マイクロケラトーム」という精密な器具で角膜をスライスしてめくり、角膜内部にレーザーを当てて角膜の形成を行い、めくった角膜を元に戻すとういう方法です。
この術式が確立されたことで、手術時間が短時間かつ快適に行えるようになり、一般の方にも受けられるようになりました。

レーシックとは?

視力矯正の「第3の選択肢」

レーシックは裸眼そのものの視力を回復させる治療なので、近視や遠視になる前の快適な生活を取り戻せるのです。
メガネ・コンタクトレンズに続く視力矯正の「第3の選択肢」として広まっています。
また、メガネたコンタクトレンズでは競技の難しいスポーツ選手には、ごく当たり前に採用され、芸能人の方にも幅広く採用されています。
アメリカや欧州では、ごく一般的な手術として受け入れられています。

どうしてレーシックで視力が回復するのか

近視や遠視は網膜へ光の焦点が合わず、ものがはっきり見えない屈折異常のことです。
屈折異常のひとつの原因である「角膜」へレーザーを当てることにより角膜への光の焦点を矯正し、屈折異常を治す手術なのです。

視力の回復について

個人差はありますが、メガネやコンタクトレンズ装着時と同じくらい視力が回復すると言われています。
0.1以下だった視力が、手術をした次の日に1.2にまで回復したという例もあります。

また最近では技術の進歩に伴い、乱視老眼の治療も行えるようになってきています。
メガネやコンタクトレンズに頼らなくては見えにくかった文字や写真が裸眼でも見えるようになるのです。

はっきり見える!
eレーシック >> レーシックとは?