eレーシック >> 失敗

レーシックの失敗

心配される後遺症・合併症について説明します。

フラップの作成不良

マイクロケラトームがスムーズに進まず、実質面がギザギザの不正フラップが作成されてしまう事があります。
こちらの原因の一つにマイクロケラトームのブレードと歯車の間にまつげ等、異物が挟まっていることが考えられます。
しかしこれはマイクロケラトームを使用するたびに分解して洗浄する事により避けられるのです。
また歯車が機械の中に組み込まれているタイプですとこのような心配はありません
万一マイクロケラトームのモーターが途中で止まってしまった場合、手術を延長することがあります。

フリーキャップ

フリーキャップ フラップのヒンジ(角膜を薄くスライスした時に残す一辺)が作成されず、角膜本体から離れてしまった状態をフリーキャップといいます。
この状態はフラップが通常より薄い状態でマイクロケラトームが進んだ場合に起こってしまいます。

ボタンホールフラップ

ボタンホールフラップ また吸引リングの眼表面への固定が十分でない場合、眼圧が上がらず中心部が凹んだ状態となってしまいます。
その状態で無理してフラップを作成すると、中央にボタンホール状の穴ができます。
これをボタンホールフラップといいます。

安全装置を完備しているマイクロケラトームならば眼圧が十分に上がった状態でなければ作動しないため、このような心配は殆どありません。

角膜穿孔

フラップを作成する際に深く削りすぎにより角膜の裏まで切れてしまうことをいいます。
患者が円錐角膜(中心に近い部分の角膜が、円錐状に突起した状態)な事に気づかず、そのままフラップを作成した場合に起こります。

サハラ砂漠症候群

レーシック後のフラップ面に原因不明の斑状や混濁が生じる現象です。
発生は0.03%と極めて低率なのですが、一度起こると治るのに時間がかかります。
角膜に特有な歪みが起こり、遠視や不正乱視を伴ったりします。
半年ほどで収束していきますが、治るのに時間がかかる場合、フラップの洗浄が必要になります。

矯正視力の低下

レーザー照射中、フラップが乾きすぎていたり、捻れていたりすると、フラップにできたシワにより不正乱視が発生し、術後の視力低下を招く可能性があります。
これはレーシックをしっかりと習得した医師の技術で対応できます。

eレーシック >> 失敗について