eレーシック >> 魅力

レーシックの魅力

なぜレーシックが選ばれるのか

タイガー・ウッズ選手といえばゴルフに興味のない人でも名前ぐらいはご存知でしょう。
彼が1999年10月にレーシック手術を受けたことはとても有名です。
日本においても多くのスポーツ選手や芸能人の方がレーシック手術を受けています。
仕事の都合やそれぞれの活躍する舞台の場において、メガネやコンタクトレンズでは不便なことも多かったでしょう。

レーシック手術を受けた方の感想は「驚くほどよく見えます」「レーシック手術を受けてよかった」「もっと早く決心すればよかった」というものがほとんどです。

ではなぜレーシック手術はここまで選ばれているのでしょうか。

レーシックが選ばれる理由

各項目については、このサイトで詳しく説明していきます。

本当に近視が治るの?

普段近視で苦労されている方にとっては、「本当に近視が治るの?」という疑問があるのではないでしょうか。
これまでは「近視を治す」といった概念が無かったので、ごく自然な疑問だと思います。

しかし一部の例外を除いて、近視は本当に治るのです。
目の屈折異常を引き起こしている原因そのものを治療してしまえば、必然的に視力は回復するのです。
この治療こそがレーシックなのです。

たとえ強度の近視だとしても、あきらめることはありません。
レーシック手術を行うことによってメガネたコンタクトレンズを使用しているとき以上の視力に回復することもあるのです。

目元美人への第一歩

目元美人への第一歩 近視や乱視があると、メガネやコンタクトレンズをしていても、よく見ようとするために目を細めていまいがちです。
このため、人相が悪く見られたり、表情もきつく見られがちです。
視力が悪いために人に悪い印象を与えてしまうのは非常にもったいない話です。
女性の場合は、メガネだとコーディネートのじゃまになってしまう、目の周りのメイクが決まらないといった悩みもあると思います。

レーシックは視力を回復させるだけでなく、こういったメガネやコンタクトレンズの不便な点も一緒に解決してくれます。
レーシック手術を受けた後は、はっきりと物を見ることができるため、目元ははっきりし、表情も豊かになります。
またメイクもおもいっきり楽しむこともできます。

「目が大きくなった」「表情が明るくなった」などの他、「長年の肩こりが楽になった」「頭痛が起きないようになった」など、体の不調が改善したという声も聞きます。
目は体にとって大切な機関ですから、このように目元以外の体調や気分が良くなることも珍しくありません。

eレーシック >> 魅力