eレーシック >> 向いている人

レーシックに向いている人

考える前に

考える前に 日本では3人に1人が近視だと言われています。
しかし、その全ての人がレーシックを受けたほうがいいというわけではありません
誰にでもレーシック手術を施すクリニックも中にはありますが、単に「メガネが嫌い」とか「コンタクトレンズが面倒」という理由で簡単にレーシック手術を選択するのは適切ではありません。

各クリニックによりますが、まず視力検査をして、メガネやコンタクトレンズの方が適している方の場合は、そちらを処方するところもあります。

視力が下がったり、目に関する悩みがあるときは、いきなりレーシック手術を考えて大きな問題としてしまうのではなく、一度視力検査を行ってみることを薦めます
正しい視力を測定した上で、手術が適しているかどうかを判断しても遅くはありません。
視力検査には健康保険が適応されますので、気軽に受けてみてください

レーシックに向いている人

レーシックは、メガネやコンタクトレンズでは視力が矯正しきれない方はもちろん、体質的にコンタクトレンズができない方にも向いています。

また、手術が必要ない程度の視力の方でも、競馬の騎手など近視では採用してもらえない職業を希望されている方、柔道やレスリング、相撲、バレーボールなど、メガネやコンタクトレンズを使用していると危険を伴うスポーツをされている方もレーシックを検討されてみてもいいでしょう。
さらに、ゴルフなど視力の良さが直接スコアに響いてしまうスポーツをされている方にも向いています。

有効であると考えられるケース

不同視

左右の屈折率が著しく違う状態にある目を不同視といいます。
近視で、左右の視力にかなり差がある「同種不同視」と、片目が近視でもう片方が遠視というような「異種不同視」があります。

強度・最強度近視

近視を矯正するためには、光を屈折して広げる凹レンズを用います。
光を屈折する程度には「D」(マイナスジオプトリー)を用います。
強度近視は「-6D」以上、最強度近視では「-10D」以上のレンズを使わなければ矯正することができません。
このレベルになると、メガネでは頭がクラクラしてかけていられない、頭痛がするなどの症状が現れることがあります。

強度乱視

本来角膜の表面はきれいな球体をしています。
しかし乱視の場合は球体をなしておらず、光が散乱して見えてしまいます。
乱視の場合は矯正するためにハードコンタクトレンズを使います。
角膜の変化が著しい強度乱視になってしまうと、ハードコンタクトレンズが安定しなくなります。
左右や上下にズレが生じる、外れやすい、頻繁に結膜炎を起こしてしまうといった強度の乱視は、レーシックでなおした方が賢明になります。

ドライアイ・アレルギー

ドライアイ・アレルギー コンタクトレンズが使用できないケースとしては、ドライアイである、体質的にコンタクトレンズが合わないなどの問題があります。
ドライアイはコンタクトレンズを支える涙が少なく、目薬をさせないときにはコンタクトレンズが落ちてしまいます。
また、異物感や激しい痛みを感じる方もいます。
花粉症、ハウスダストのアレルギーなどで目のかゆみが続いてしまいコンタクトレンズが装着できない方もいます。

以上のような症状の方にはレーシックが有効であると考えられます。

eレーシック >> 向いている人