eレーシック >> レーシックで老眼も治療できるのか?

レーシックで老眼も治療できるのか?

老眼の原因は生理現象

40代から50代にかけて、多くの人が「老眼」になります。
近くのモノが見えにくくなるのです。
でも、この老眼というのはいったい何なのでしょう?
まず、老眼とは目の病気ではなく、加齢による機能低下によって起こる生理現象の一種です。
正式には「老視」と呼ばれています。
水晶体は、毛様体筋の収縮によって近くを見る時は厚く、遠くを見る時は薄くなってピントをあわせるのですが、加齢によって毛様体筋の収縮が落ちたり、水晶体そのものが固くなったりすることで、近くにピントが合わなくなるのが老眼なのです。

レーシックによって老眼は治るか?

では、レーシックでは老眼が治るのでしょうか?
かつては、普通のレーシック手術では老眼は治すことができないと言われていました。
しかし研究を重ねるうちに、今では老眼を治すためのレーシック手術も開発されています。
やはり、老眼鏡なしで何でも不自由なく見えるというのは便利なもの。
この老眼矯正レーシックによって、多くの方が老眼鏡を手放しています。
ただ、そのクリニックや医院がレーシックの老眼用の手術を実施しているかについてはよく確認してください。
クリニックによってはまだ老眼用の手術は行っていないところもあります。

老眼治療CK(伝導性角膜形成術)とは

CKは老眼の矯正方法として、米国食品医薬品局(FDA)にも認められています。
CKとは、Conductive Keratoplasty(伝導式角膜形成術)の略です。
手法としては、角膜遠近両用眼鏡のレンズのようにレーザーで削り、中央のカーブを変化させます。
これによって角膜の中心で遠くのものに焦点を合わせ、周りの部分では近くをみやすいようにするのです。
手術には、高周波ラジオ波というものを使用します。
これは、より安全度の高くなっている最新の治療方法です。
また、老眼治療のCKを受けたからといって、今後、緑内障白内障手術が受けられなくなるということはありません。
逆に、白内障手術やレーシック手術をすでに受けているという方でも、老眼治療のCKは可能です。

老眼治療CKの適応性

ただし、この老眼治療CK(伝導性角膜形成術)については、手術は受けたいからといって誰でも受けられるわけではありません。
手術が可能かどうかの細かい検査が行われ、その結果「適応」と判断された方しか受ける事が出来ないのです。
以下に伝導性角膜形成術(老眼治療CK)の適応基準を示しておきます。
●45歳以上の方(クリニックによって異なる場合あり)。
●矯正なしの裸眼できちんと見え、視野の狭まりや視野欠損などない方。
●老眼鏡がなければ近くが見づらい方。
●角膜中心部の厚みが570μm以下で、中心から6mm付近の厚みが560μm以上の方
●角膜曲率半径が41.0D〜45.0D以内の方。
●老眼は確実に進行致しますので、将来再び近くが見えづらくなる可能性があることを十分に理解している方(再治療は可能)。
以上のような適応基準があります。
また別に、合併症が発生する可能性が高い人、手術しても老眼が回復する可能性が低い人など、リスクが高いと思われる方は伝導性角膜形成術(老眼治療CK)を避けるべきだと判断されます。

伝導性角膜形成術(老眼治療CK)の流れ

老眼治療CKの手術も、基本的に近視治療のレーシックと同じ過程で行われます。
1:点眼麻酔をする(全身麻酔ではありません。また、注射による麻酔ではありません)。
2:眼の中心に合わせて角膜外周にマーキング。
3:角膜の外周に沿って8〜16の位置にラジオ波(高周波エネルギー)をあてる。
4:ラジオ波をあてて、角膜のコラーゲン組織を収縮させる。
5:感染症を防ぐための点眼をして終了。
6:手術後、担当の医師による診察。保護用のコンタクトレンズを装用し帰宅。

上記の通り老眼治療CKは比較的簡単な手術です。
手術時間は概ね「3〜5分」程度と短く、点眼麻酔をするので、手術中に痛みを感じることはほとんどありません(個人差がありますが、麻酔が切れた後に痛みを感じるケースはあります)。
ただし、手術直後は光が眩しかったり、眼に異物感を覚える場合もありますが、翌朝起床時にはほとんどの症状はなくなっています。

eレーシック >> レーシックで老眼も治療できるのか?

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)