eレーシック >> 「乱視」にも有効なレーシック手術

「乱視」にも有効なレーシック手術

「乱視」って、いったいどういう状態?

おおくの人は「近視」でありながら「乱視」でもあります。
「ものが2つに見える」「3つに見える」というように理解されていることが多いのですが、いったいどういう状態なのでしょう。
ここでもう一度整理しておきましょう。

近視・・・屈折力が強すぎて、網膜の手前に像が形成されます。
近くは見えるが遠くはぼやけます。

遠視・・・屈折力が弱すぎて網膜の後ろで像が形成されるため、近くも遠くもぼやけます。
ただ意識的に調整力を働かせれば、遠くにピントを合わせることは出来ます。
ただし、意識的に目の調整力を働かせるので目が疲れやすくなります。

乱視・・・角膜と水晶体のゆがみによって起こり、凸レンズ凹レンズを使っても網膜にピントが合わない状態のことを言います。
矯正は、特殊な円柱レンズが用いられ、円柱レンズで矯正できるのが「正乱視」、矯正できないのが「不正乱視」です。

乱視

直乱視・・・ラグビーボールを横にした眼の乱視を直乱視といい、最も多いケースです。
角膜のカーブにおいて横カーブより縦カーブが強いため、縦の光が横の光より手前で結んでしまいます。
倒乱視・・・ラグビーボールを縦にした眼の乱視を倒乱視といいます。

一般的に誰でも軽い乱視はあるものです。
軽いものであれば裸眼でも問題なく、また眼鏡で矯正するだけで十分なのです。
しかし、強度や複雑な場合は眼鏡では矯正困難です。

乱視チェック図

上記の図は正円形で、線はすべて同じ色、同じ太さです。
上記の図を少し離れたところから見て、円が楕円形に見えたり、特定の線が濃かったり、太かったりして見えると乱視の可能性が高いです。

「自分は乱視だから」と諦めていませんか?

近視と乱視は同時に起こることが多く、めがねコンタクトレンズで矯正している方も多いと思います。
中には、乱視だけのために矯正している人もいます。
「メガネやコンタクトレンズから解放されるレーシックの手術を受けたいのだけれど、自分は近視ではなくて乱視だから」とあきらめている方は結構多いものです。
確かに、一昔前なら近視の治療が主流でした。
ただ、近年の現場に用いられる医療機器の進歩は実に目覚しいものがあり、現在では乱視の治療も十分に可能となったばかりか、その成功率はかなり高いと言われています。
今まで何をやっても矯正できなかったような重度のものも改善することができたという人が非常に多いのが現状です。

一度の手術で「乱視」の悩みを解決

手術で乱視を矯正する場合でも、近視と併合している場合でも1度の手術で同時に矯正させることが可能なので、わざわざ2度手術を受ける必要はありません。
また、パソコンに向かうことが多くてドライアイの人、コンタクトレンズにアレルギーがあってどうしてもあわない人、マリンスポーツをしてみたくてコンタクトレンズから開放されたい人・・・そういった方々は、レーシックを検討された方がいいでしょう。
また乱視の方は眼が非常に疲れやすくなることが多いので、手術を受けて治れば、眼の疲れも軽減することが多いようです。
特にメガネやコンタクトでもなかなか矯正しにくかった強度の乱視、乱視と近視が混ざっている人などは、ぜひ受けるといいと考えられています。
まずは自分で情報収集を行った上で治療してくれる眼科やクリニックを訪ねてみましょう。
そしてひとまずはカウンセリングだけでも受けてみてはどうでしょう。
ただ、乱視もレーシックで治療可能とは言いますが中には対象外になってしまう人もいますから、まずは検査や医師に相談することから始めましょう。

eレーシック >> 「乱視」にも有効なレーシック手術

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)