eレーシック >> レーシックの後遺症を知る

レーシックの後遺症を知る

レーシック手術後の後遺症とは?

レーシック手術の一種ですから、後遺症がないとは言えません。
まず、手術ではレーザーによって角膜フラップというふたを作ります。
このフラップが完全に治るまでには、様々な後遺症が出る可能性がある、とお考えください。
後遺症は通常、施術を受けたレーシック医院から処方される点眼薬を正しく利用すれば、自然に完治していくケースがほとんどです。
ある程度の度合い・期間は後遺症が出ると思っておき、傷が完治するまでの限定的な症状だと考えてよいと思います。
では、後遺症の主なものを解説しておきます。

ドライアイ

これは、手術の後遺症として最も有名なものです。
手術をした直後は、レーザーがあたった部分が治るまで程度の大小はありますが、まずドライアイとなります。
ただしこれは、眼科から処方されることになる目薬で完全に治るケースがほとんどです。
ただし、レアケースとして一生ドライアイになるということもありえます。
しかし、現在の技術は特段に進歩してきており、こういったケースはかなり減りました。

ハロ・グレア

これは、が滲んで見える症状が現れる後遺症例。
これは、完治するまでの期間に多少の個人差がありますが、気にならないままで治っていく人がほとんどです。
ハロ・グレアの症状が出ている間には、夜の運転で、前から来る車のライトが滲んだりまぶしく感じたりすることがあるので、十分に注意が必要です。
手術前には必ず適応検査を受けることになりますが、その際に、後遺症としてハロ・グレアがどの程度出そうか予想できます。仕事などで夜に車を運転することが多い、という方は、その際に詳しく尋ねてください。

過矯正

これは、手術によって視力矯正しすぎてしまうことです。
過矯正となると、遠くの物は見えるけど近くの物にはなかなかピントが合わすことのできない状態になります。
また、見え過ぎるために、がクラクラするといった症状が出るケースもあります。
過矯正が後遺症として出る原因は、手術前の適応検査の不足や、眼科医経験不足などが考えられます。
しっかりと手術前の検査をしてくれるクリニックを選び、経験と実績のある眼科専門医を選ぶことで、過矯正は避けられるはずです。

手術当日に感じる異物感

レーシックを受けたその日には、目に異物感を感じることがあります。
しかし、手術翌日になると、ほぼ気にならなくなっていることが一般的です。
特に不安を感じる必要はないでしょう。

結膜下出血

手術によって白目毛細血管に傷がつき、赤くなるのが結膜下出血です。
手術後2週間ほどで自然に治ってきますので、ほぼ心配はいりません。

サンドオブサハラ

これは視力回復手術の後に角膜実質内炎症が起り、白い湿潤性混濁が生じる症状をいいます。
多くは点眼治療により回復します。
ただ、中には炎症が酷くなり実質層間洗浄するケースもあります。

角膜上皮迷入

これは視力回復手術の際に作成したフラップの下に、角膜上皮が挟まる症状です。
この症状が出るとを取り除く手術が必要となります。
また角膜拡張症という症状が発生します。
こちらは、レーザーによる視力回復手術の際に削りすぎたことで起る症状です。
現在はコンピューター制御された機器によって治療が行われるので、角膜拡張症が発症する可能性は極端に低くなっています。

リグレッション

手術後に元の近視が戻ることを言います。
視力回復手術後に徐々に視力が低下していくのです。
近視が強い方に多い症状のようで、この場合は再手術する可能性が生まれます。 その他の後遺症として、暗いところでは見えにくくなったり、焦点が合わせにくくなる不正乱視となる方もいますが、手術後数カ月ほどで症状が改善してくるケースがほとんどです。
このように、レーシックを受けると、なんらかの後遺症が出るという可能性はありますが、ほとんどの場合は手術後数か月でほぼ気にならなくなります。
しかしながら、わずかではありますが後遺症で一生苦しむということもあり得ます。
リスクを少しでも低く保つために、信頼できる医院で、経験豊かな眼科専門医を選ぶようにすべきです。

eレーシック >> レーシックの後遺症を知る

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)