eレーシック >> レーシックの感染症とは?

レーシックの感染症とは?

手術後の感染症を防ごう

非常に残念な出来事ですが、手術によって感染症を引き起こした事件が、2009年2月に銀座眼科という眼科で起きてしまいました。
後の報道などで明らかにされたところによると、医療器具滅菌処理が不十分だったことが主な原因で起きてしまったようです。
これはまことに初歩的なミスを言わざるを得ないケース。
実際、レーシック中に感染症となるケースはごく稀にしか起こりません。
ほとんどのクリニックでは、手術自体がクリーンルームで行われ、医療器具の滅菌も完全に行われています。
ただ、念のため手術が行われる設備について事前に把握しておくといいかもしれません。
しかし、この銀座眼科事件は社会に「レーシックは危ない」というイメージを与えてしまったことは否めません。
こういった「残念なケース」に巻き込まれないためにも、やはりクリニック選びが安全な手術のためには最も重要なポイントだと言えます。

感染症の原因は「角膜」から

また別の事例ですが、手術後にきちんと点眼薬保護メガネで予防していたのにもかかわらず、感染症になってしまったというケースもあります。
これは、基本的にレーシックによる視力回復手術後は角膜に傷が付いている状態であることに起因します。
角膜が完全に修復するまでの間は、感染症の原因となる細菌が入り込まないように十分注意する必要があります。
視力回復手術を受けた後、ほとんどの方はこういった細菌の感染に気をつけて生活しています。
しかし、それでも傷口から細菌が入り、感染症を発症する可能性がわずかながらにあることは事実です。
感染症が発症したときは眼球が白く濁ります。
この場合はすぐに医師の診断を受けてください。
軽度の場合は点眼薬をすることにより回復する場合がありますが、重度になると角膜移植が必要になる場合もあります。
十分にご注意ください。

点眼薬をしっかり点けよう

手術を受けると、医師から点眼薬を処方されます。
この点眼薬については、指示通りに時間を守りしっかり毎回正しく点眼することで感染症を引き起こす可能性がぐっと低くなります。
これは日常生活の中で誰もが予防できることです。
細菌が眼に入らないように常に清潔に保つことが大切です。

保護メガネについて

保護メガネ 手術を受けた直後は、眼を保護するためのメガネを装着することになります。
これは、ゴミやホコリ、風や花粉などから眼を保護するためのものですから、通常のメガネとは形状がやや異なります。
したがって形状としては、眼を全体的に覆うような大きなサイズのメガネになります。
花粉所の方がかけているようなタイプのメガネだと思っていただければ間違いないでしょう。
はっきりいって、あまり格好のよいものではありません。
装着することに抵抗を感じる方もいますが、万が一に眼に異物や細菌が入ると感染症を発症したり角膜を損傷することにもつながりません。
そして、視力回復手術を受けてから約一週間の間はずっと保護メガネを外すことはできません。
小さなお子さんがいるような家庭の場合、お子さんが急に顔を触ってきたりする可能性があります。
保護メガネはつけておいたほうが安心できます。
通常は、寝るときも装着するよう医師から指示があります。
ただ、視力回復手術後の保護メガネをつけたままでは寝付けない方の場合は、保護用のレンズとテープを使う場合もあります。
寝ているときは眼を閉じているはずなのですが、無意識に眼を擦る場合もあります。
やはり感染に対する対策は万全を期した方が安心できます。
レーシックによる視力回復手術を受けた直後は、角膜は傷ついた状態にあることを忘れてはいけません。
大切な眼を守るために、医師の指示をきちんと守り保護メガネを装着してください。
視力回復が実現すれば、もう普通のメガネですらかけることはなくなりますから。

eレーシック >> レーシックの感染症とは?

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)