eレーシック >> レーシックって痛みがあるの?

レーシックって痛みがあるの?

レーシックは「眼の手術」だから・・・

人間にとって最も大切な機関のひとつであり、そしてもっとも脆弱で繊細なのが「」です。
レーシックは、その「眼の手術」ということもあって、「痛いのではないか?」という恐怖感を多くの方が抱くのは当然のことです。
かつては、「眼にメスを入れる」というウワサが蔓延していました。
しかし、実際はレーザーを使用します。
それでも普通に想像すると、ちょっと怖い気分になりますね。
普段は小さなゴミが目に入ったり、まつ毛が刺さっただけでもかなり痛いものです。
それが手術となれば「相当に痛いんじゃないのではないか?」と思われてしまっても仕方がないことです。

「点眼麻酔」で手術中の痛みはなし

しかし、実際のところ手術中には痛みはほとんどありません。
その理由は、もちろん「麻酔」です。
「麻酔だから注射針を眼に射すの?」という恐怖感を持たれる方もいるでしょう。
でも、ご安心ください。
手術前に行われる麻酔は、麻酔剤点眼するスタイル。
目薬をさすのと、基本的には同じような感覚のものです。
眼という組織は、麻酔がとても効きやすい特徴があります。
そして点眼麻酔を行うと、その効果は1時間ほど持続します。
さらにクリニックによって多少の差はありますが、手術自体はおおよそ10分‐15分程度で終わります。
もちろん、麻酔が効いている時間内です。
したがって、手術中に痛みを感じることはほぼない、といって過言ではないでしょう。
また、当然ながらメスが目に入るということもありません。
レーザーによる手術なのでご安心いただけます。
このように、点眼麻酔によって眼に痛みを感じることはほとんどありません。
しかし、手術中は意識があるので、施術されている様子がはっきり見えます。
様々医療機器が視界に入ってくるので、若干怖く感じる方もいらっしゃるようです。
特に手術中は、医師からは前方の赤い光を見るように指示されます。その際にも、治療風景がわりあいにはっきりとわかりますので、緊張する方も少なくありません。
ただ、実際に手術を受けた方の多くは、「赤い光を見ているだけで視力回復手術が終わってしまった」という感想を持たれているようです。
安心してリラックスした状態で受けるようにしましょう。

もし、手術中に動いてしまったら・・

このように痛みは感じないのですが、やはり眼なので怖さを感じる人も多いことと思います。
緊張してしまい「手術中に動いたらどうなるのだろう?」と、心配されるかもしれませんね。
しかし、目の動きを追っていくシステムが導入されているので安心です。
また、手術中は眼が瞬きすることのないように固定されます。
さらに、レーザー照射はコンピューター制御により、常に正確に行われるシステムになっています。
またもしも身体が大きく動いてしまったとしても、自動的に停止することになっています。
地震が来てしまっても、このシステムによって動きが止まることになっています。
そのあたりの安全性は十分に確保されているので、どうぞご安心ください

レーシック手術後の痛みは?

そして・・・無事に手術が終わりました。
しばらくすると麻酔が切れてくることで目が痛いというか、しみる、と感じるケースがあります。
人によっては、目が開けていられないくらい痛さを感じる人もいます。
しかし、こういった痛みを感じることは、ごく普通の状態だとお考えください。
そして、医師によって痛みを抑える薬を処方されますので、それを指示通りに一定期間点眼してください。
また、手術後には、目を保護するためのサングラスの装着も指示されます。
そういったドクターの指示をキッチリと守っていれば、角膜が正常に回復し、痛みも自然に消えます。

eレーシック >> レーシックって痛みがあるの?

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)