eレーシック >> レーシックによる失明や後遺症などの不安

レーシックによる失明や後遺症などの不安

誰もが持つレーシックへの不安

多くの日本人が近視遠視、あるいは老眼に悩まされています。
そして、ほとんどの方がメガネコンタクトレンズを長期間お使いになっており、メガネやコンタクトレンズのわずらわしさから解放されたい、と思われていることでしょう。
そして、一度は「レーシック手術」に興味を持たれたのではないかと思います。
しかし、同時に不安も感じられるはずです。
「目にレーザーを当てるなんてなんだか怖い・・・」
「手術の後で何かの後遺症が出るのでは?」
「そういえば失敗のニュースが報道されていた・・・」
こういった不安は誰もが感じられることだと思います。
厚生労働省から正式に認可されたのは2000年。
アメリカなどでは早くから視力回復方法として一般的に知られており、かなり広まっていました。
日本はやや遅れた、ということができます。

アメリカはレーシック先進国

レーシックの先進国ともいうべきアメリカでは、すでに200万件以上の施術が行われてきました。
そして、現在のところ大きなトラブルは報告されていません。
もちろん、失明した例もなく、今では危険性が低い視力回復手術法として定着したといえるでしょう。
アメリカにおいて手術は経験豊富な医師によって行われれば安全性の高い視力回復方法であると認識されています。

今までに失明した例はゼロ

前述したとおり、これまでに日本はもちろん、アメリカでも手術が原因で失明した例はひとつとして報告されていません。
レーシックは視力回復を短期間で実現することができ、しかも安全な手術と言われています。
したがって、優良な医院で、経験豊富な眼科専門医による施術であれば、失明はもちろん視力に大きな影響を与えてしまう失敗につながることも、まずないと断言できます。
「失明の可能性はないのだろうか」という不安は、確かに手術を考えている人が一度は陥る不安です。
しかし、基本的に角膜の表面の手術です。
失明するということは理論的にありえないのです。

眼にメスは入れない

多くのみなさんは誤解している可能性があります。
「眼の手術」だから目に直接メスを入れる、と想像する人が多いようです。
しかし、手術は「エキシマレーザー」という機器を使って行われます。
そしてその機器の動きはコンピューターによって制御されています。
例えば、手術の最中に、万が一患者さんが大きく動いてしまうことがあっても、それを感知したコンピューターがエキシマレーザーの照射を自動的に止めるシステムになっているのです。
これはレーシックに限らないことですが、どのような手術においても安全性が100%確立されているわけではありません。
そのため、どれだけ安全性が高いかという尺度で判断することになります。
ただ、これについては厚生労働省が認可したという事実が安全性の高さを客観的に表していると言えます。
また、手術を受けて10年後、20年後に何か後遺症が出てくるのでは?といった心配もあるかもしれません。
しかし、先進国であるアメリカからそのような報告は出てきていません。
実際に何かの問題が起る可能性はとても低いそうです。
さらに手術の内容は日進月歩で進歩しています。
安全性はこれからもより高くなっていくことでしょう。

大切なのはクリニック選び

技術的にはかなり安心できる手術ですが、やはり人間の行うことです。
その安全性を危険へと変えてしまうちょっとした人為的なミスもあり得ます。
そのためにも、信頼できるクリニック選びが何よりも大切。
少し前にあった失敗による後遺症や感染症の問題も、クリニック内や手術室、そして医師の経験不足などが原因だといわれています。
例えば、問題を起こしたクリニックは、手術費用が安く設定されていました。
そのために手術前の検査も簡略化。
日帰りでの手術ができるという触れ込みで、多くの患者さんを集めていたのです。
そういうクリニックで手術をすると、最悪の事態にもなりかねません。
価格を優先するのではなく「安全性」「信頼性」を基準に、経験豊富なクリニックを選ぶようにしてください。

eレーシック >> レーシックによる失明や後遺症などの不安

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)