eレーシック >> クリニックによってレーシックの費用が違うのはなぜ?

クリニックによってレーシックの費用が違うのはなぜ?

クリニックは健康保険適用外

そもそも視力回復手術であるレーシックは、健康保険による治療の対象外です。
美容整形などと同じく、いわゆる「自由診療」に分類されるカテゴリーにはいります。
日々、近視で悩まされている方にとってはやや納得できないことかもしれませんが、現行制度ではそのようになっており、近い将来に変更されることはなさそうです。
したがって、費用については公的な定めがあるわけでなく、各クリニックが自由に定めることができます。
また、その種類は様々です。
使用する機器手術方法によって呼び名も費用も違います。
医師と相談して、よく考えて決めるようにしてください。

レーシックの種類と費用の目安

レーシックは、最も一般的な視力回復手術になっています。
基本的には、角膜の表面を削りフラップを作成し、レーザー治療後に蓋をするといった方法です。
手術費用は依然に比べてかなり安くなり、10万円から30万円程になっています。
エピレーシックは、一般の視力回復手術と同様の方法なのです。
角膜が薄い人でも手術可能な方法になっており20万円から30万円程度です。
ウェーブフロントレーシックは、ウェーブフロントアナライザという高精度の機械で角膜の形状を分析し、その結果を元に手術を行います。
より高い精度での手術が可能になることから、普通より高めで30万円から50万円程度です。
イントラレーシックは、イントラレースフェムトセカンドレーザーテクノロジーを搭載したイントラレースFSレーザーという機械を使い、角膜表面を削り、フラップを作成します。
コンピューター制御によって角膜に均一なフラップを作成するために安全性と精度が他の追随より高くなっています。
20万円から30万円程になっています。
ラセックは、アルコールを使用し角膜上皮に薄いフラップを作成する方法です。
フラップがずれたりする心配はありません。
30万円から40万円程度です。
だいたい上記のような水準が目安です。
乱視が強かったり角膜が薄かったりすると、使用機器や手術方法が変わってきますので、もっと費用がかかる場合もあります。

費用を比べる際の注意点は?

手術費用がなるべくローコストな眼科を選びたいと思う人が多いはず。
しかし、高い病院はそれなりのアフターケアがきちんとしているなど、価格相応の理由がある場合が多いのできっちりとした確認が必要です。
また、手術の費用を比較するサイトなどには、各クリニック別の費用と内容を分かりやすい表組などになって載っています。
ただ、注意すべきなのは術後の費用も含んでいるのか否かです。
手術後にかかる費用としては、まず処方薬があげられます。
手術後はしばらくの間、点眼薬をする必要が必須となりますが、この点眼薬の費用が手術費に含まれているかの確認しておきましょう。
また、手術後にかかる費用として定期検診代もあります。
定期検診は、手術の翌日から始まり、その後定期的に病院へ行く必要があります。
たとえ料金がかかっても、視力回復を維持し、感染症を予防するために必要です。
この検診代もレーシックの手術費用に含まれているか確認しましょう。

クレジットカードでの支払いも可能

視力回復手術を行っているクリニックでは、ほとんどがクレジットカードでの分割払いや一括払いが可能になっています。
クレジットカードを持っていない人は病院の窓口で現金一括払いもできますし、病院専用の口座に振り込むという方法もあります。
手術を行う前には必ず確認してみましょう。
またクレジットカードの支払いでは、金利ゼロのキャンペーンを行っている場合もあります。
また、クリニックによっては現金で払うと特典が付くなど様々なサービスがあるところもあります。
病院のサイトや掲示板などでお得な情報を手に入れましょう。

eレーシック >> クリニックによってレーシックの費用が違うのはなぜ?

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)