eレーシック >> レーシックは医師の技術に差があるの?

レーシックは医師の技術に差があるの?

やはり執刀の経験数がリスクを低減

実際に手術を受けるには、「どこで受けるのか」というクリニック選びも大切ですが、医師の技術や経験をきちんと見極めることが重要なポイントです。
特に執刀医にどれだけ経験があるかということがキーになります。
最近はイントラレーシックなどコンピュータを用いた最新技術が主流となって来ておりますが、やはり執刀する医師のレーシック手術に対する理解度、習熟度、スキルなどはとても重要であると言えます。
例えば、アメリカの研究報告では、レーシック手術において担当の執刀医が100症例しか手術の経験がない場合と、700症例以上経験がある場合では、合併症の発生率には20倍もの差があるそうです。
したがって、手術を受ける場合は、できるだけ多くの執刀を経験してきている医師に依頼するほうが安心だと言えます。
そして、執刀医の技術は、やはり経験してきた症例に比例すると考えた方がいいでしょう。

レーシック手術における医師の役割

現在では、手術を行っている多くのクリニックが「当院は最新の機械を導入しており、手術は全部コンピューター制御の機械が行うので、どの医師が手術しても同じ結果になります」とアピールしている例を多く見かけます。
しかし、実際はいかに機器の技術が発達しても、医師のレーシックへの理解度や習熟度と経験、技能が物を言うのが現実です。
なぜならば、最新の医療機器での手術が半ば自動化しているとは言っても、それはフラップ形成の時と角膜を矯正する時だけのことなのです。
例えば、手術を始める前にコンピューターに患者の医学的な診断を加えた情報を入力するのは医師の仕事です。
手術が始まると、レーザー照射のスタート位置を決定するのも人間である執刀医です。
機器が発達することで、フラップを技術的に薄く削れるようになっても、薄い膜であるフラップを持ち上げるのはやはり執刀医の「」なのです。
また、フラップを洗浄するのも医師の「手」です。
そういった場面で、当然に医師としての技術が試されます。

「想定外」の対処もやはり経験が重要

また、予期しないことが起こったりしたときに、経験の少ない医師はきちんと対処できるでしょうか?
機器にも、それぞれに特徴があったり、癖があったりします。
こういったことは、同じ機器で何度も手術を行うことで機械を熟知し、同時に熟練した技も身につくのです。
このようにどれだけコンピューター制御された機械で手術を行うようになっても、また正確な手術が出来るような技術革新があろうと、すべての医師が同じような手術ができるわけではないのです。
だからこそ、執刀医の習熟度スキルがとても重要です。
クリニックを検討する際には、最新技術を揃えているので「誰が手術して同じ」と喩え言われていたとしても、クリニックの全体の症例数と担当する医師の執刀経験数を十分に把握してから手術を受けられたほうがいいでしょう。

美容外科と眼科の差は?

日本におけるレーシックの視力回復手術は、美容外科で行っている場合と眼科で行っている場合があります。
それぞれのメリットとデメリットについて熟知しておくべきです。
視力回復手術の症例数は圧倒的に美容外科が多いと思われます。
しかし、手術後の問題に対して素早い対応をしてくれるのは眼科のようです。
万が一、何かあったときのためにと眼科を選択する方も多いようですが、未だ症例の数が少ないという点がデメリットとなっているケースもあります。
「目の手術だから眼科のほうが安心だ」という理由だけでなく、美容外科であっても視力回復手術の症例の多さから見ても安心できる場合があります。

タイガーウッズは「神の手」に

ひとつ、興味深いエピソードがあります。
タイガーウッズはレーシックができたばかりの時期にアメリカで手術を受けました。
その頃は今みたいな先進の機器がなかったので、フラップの作成レーザーの照射には大変高度な医師の技術が必要だったそうです。
タイガーウッズの執刀医は医師仲間から「神の手」だと称されるほどの名医だったと伝えられています。

eレーシック >> レーシックは医師の技術に差があるの?

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)