eレーシック >> 40歳、50歳でもレーシック手術は可能か?

40歳、50歳でもレーシック手術は可能か?

レーシックが可能なのは20歳くらいから

まず、レーシック手術は基本的に視力の成長が止まる20歳前後になるまで受けることができません。
その理由は、手術を受けた後に視力が変化してしまう可能性があるからです。
手術で行った矯正との間にずれがでると、再び近視や遠視、乱視などが現れてしまうからです。
ただ、20歳を超えても、すべての人の視力に変化がなくなるわけではありません。
20歳を超えてから、VDT作業モニタ・ディスプレイを見る作業)を長時間行うようになってから、近視がどんどん進行するパターンはかなり多くあると言われています。
例えば、20歳で手術を受けた人が、その後VDT作業で目を酷使した結果、近視がより重くなってしまったような場合、近視の進行が止まったことが確認できた後に再手術を行うことも可能です。
しかし、角膜が良好な状態であり、かつ十分な厚みが必要です。

視力が変化しにくくなるのは30歳前後か

身体的な成長が止まる20歳以降、年齢を重ねるごとに環境への適応能力が低くなります。
そのためか、視力が変化しにくくなります。
その境となる年齢は、およそ30歳前後のようですが、これに何かの医学的根拠があるわけではありません。
統計的なデータもありません。
ただ、多くの眼科医が抱いている漠然としたイメージです。
したがって、手術による近視治療手術は30歳以降が適していると言えます。
20代では目を酷使すると近視が進むことが多いのですが、30歳を超えた人ではその時点以上に近視が進行する可能性は低くなるからです。
ただし手術を受けた後でも、毛様体筋の緊張をほぐすといったケアを怠れば、近視が進行する可能性は十分にあります。
もちろん、個人差というものがあります。
すべての人が「30歳になるまでレーシックはするな」ということではありません。
20歳代で手術を受けた場合は、それまでの生活よりも目を気遣い、手術後に近視が進行しないように注意する必要はあると思います

40代以上の方でレーシックを考えた場合は・・・

基本的に、手術は40歳以上になっても50歳を超えても受けることができます。
しかし、今度は老眼との関係が心配ですね。
老眼が軽度にある方や、これから老眼が来るであろうという方がレーシックを受けた場合、どのようなリスクや問題点があるかを解説しておきましょう。
まず、 40代で手術をうけた場合は、普通に眼が良い人と同じように、ある程度の年齢になると老眼が始まります。
老眼に関しては年齢的に徐々に症状が強くなり、近視手術用のレーシックでは回復できません。
したがって手術を受けても老眼鏡は必要です。
そして、すでに老眼が始まっている場合のリスクは、同年代のすでに老眼が始まってしまっている方と同じような状態になること。
近視は解消しますので、日常生活では遠くのものを見るときにコンタクトレンズや眼鏡は必要なくなります。
逆に近くの細かいものなどを見るときには、老眼鏡が必要となります。
つまり、普通に視力が良い人と同じになるのです。
この場合の近くの見え方は、現在使っているコンタクトレンズメガネをつけたまま近くを見たときに感じる違和感に近いとお考えください。
遠くはメガネなどの矯正が必要なくなるけど、近くを見るときに老眼鏡が必要となると言うことです。

そして、50歳以上の方のレーシックは・・・

50歳を過ぎた中高年の方が近視矯正手術をやりたいと考える最大の理由は、遠くをメガネやコンタクトレンズなしに見てみたいと言う、生物としての基本的な欲求ではないでしょうか。
例えば、露天風呂で夜空や景色を眺めてみたいと言う気持です。
さらには、自分を変えてみたいという気持ちがあるかもしれません。
年齢を重ねると、自分の衰えを様々に感じるようになります。
実際に若くなることはできませんが、トレーニングにより肉体を鍛えたり、身だしなみに気をつけたりすることで老化を遅らせることは可能です。
最近では、アンチエイジングという考え方もあります。
そのためにレーシックを受け、裸眼で世界をもう一度眺めてみるのは、かなりよい刺激になるはずです。
もちろん、デメリットのことも十分考えなければいけません。
遠くは見えるようになったけれど、近くは老眼鏡が必要です。
しかし、屈折率を調整することで、遠くも近くも見えるようにできる手法もあるようです。
クリニックに出かけて、じっくりと相談されることをお勧めします。

eレーシック >> 40歳、50歳でもレーシック手術は可能か?

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)