eレーシック >> コンタクトレンズの危険性

コンタクトレンズの危険性

コンタクトレンズの危険性

コンタクトレンズの危険性 コンタクトレンズは現在多くの方々に使用されている視力矯正法です。
しかし長年の使用に慣れて、取り扱いが雑になってしまっているケースや正しくない使い方をしているケースが多く、コンタクトレンズによる目の障害が多く報告されています。
日本眼科医会等のアンケートによると、一年間に約150万件のコンタクトレンズによる目の障害が起こっていると推測されてます。
つまり、コンタクトレンズ使用者の10人に1人の割合で目の障害が発症していることになります。

ここではコンタクトレンズの危険性を紹介致します。
目の健康への理解度を深めましょう

こんな方は要注意

  1. 正しい使用法を理解せず使用を続けている
  2. 定期検診を受けていない
  3. 寝る時も外さない
  4. コンタクトレンズに傷・破損がある状態でも使用している
  5. 十分な洗浄をしていない

酸素の透過性がハードコンタクトレンズに比べ少ないソフトコンタクトレンズ。
酸素が不足すると角膜内皮細胞が死滅してしまいます。
一旦死滅するとその細胞は復活できません。
レンズの性能以上に長時間(期間)連続装用することは非常に危険なことなのです。
またカラーコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズよりさらに酸素透過性が低いので要注意なのです。

ハードコンタクトレンズなら安心というわけではなく、長時間(期間)の連続装用は負担が大きく、きちんと洗浄していないと感染症の危険性が出てきます。

眼障害の発生率(種類別)

どのような病気を引き起こす?

目の障害の内訳は「アレルギー性結膜炎」が一番多く、次に角膜表面に細かい傷が付く「点状表層角膜症」、角膜上皮が剥がれる「角膜上皮びらん」の順です。
角膜の傷は、早期にケアしないとキズ部分より細菌が侵入し、角膜潰瘍を引き起こして失明する可能性があります。
コンタクトレンズによる目の障害は多くあり、主なものを下記に示します。

アレルギー性結膜炎・巨大乳頭性結膜

コンタクトレンズ使用者の中で一番多い障害です。
瞼の裏側が荒れ、コンタクトレンズによる刺激や汚れに対してのアレルギー反応で引き起こる症状です。

角膜上皮びらん

コンタクトレンズの長時間装用やレンズの機械的刺激により引き起こる目の障害です。
角膜の最表面部分の細胞が脱落します。
症状が悪くなると合併症を起こし、場合によっては失明の恐れもあります。

点状表層角膜症

角膜表面についた細かい点状の傷で、角膜表面の細胞が部分的に脱落している状態になります。
原因はレンズの汚れ、ドライアイケア用品に対する反応等様々です。
ひどくなると異物感、充血といった症状があります。
軽度のときは自覚症状が無いので、眼科の定期検診は必須になります。

他にも「角膜潰瘍・角膜血管新生・角膜内皮障害」などの危険な目の障害を引き起こす可能性があります。

上記で取り上げた病気以外にも多くの病気が考えられます。
コンタクトレンズを気軽に使用している方や誤った使用をしている方は「失明の危険がある」事を十分理解して下さい。
自覚症状なく病気が進行しているケースが沢山ありますので、常に危険と隣り合わせです。
あくまで「異物」を目に装着していることを忘れないようにしましょう。

eレーシック >> コンタクトレンズの危険性