eレーシック >> コンタクトレンズに関して

コンタクトレンズに関して

コンタクトレンズに関して

コンタクトレンズに関して コンタクトレンズの歴史は浅く、実用化されてから40年、日本では30年程しか経ってません。
現在国内でコンタクトレンズを使用している人は1200万人以上にのぼります。

これほど急激に普及した理由は

  1. 温度や湿度によるくもりが無い
  2. アクティブな動きが制限されない
  3. 視野が狭くならない
  4. 顔の印象を左右しない
等、メガネでは不便な点を解消できたからでしょう。

医学的なメリット

医学的にも、眼鏡ではカバーできなかった強度の近視や不正乱視、不同視の矯正が可能になったという点で、コンタクトレンズは画期的な発明です。
ただ、正しく取り扱わないと眼のトラブルにつながりやすいので注意しましょう。

コンタクトレンズの歴史

初めて作られたコンタクトレンズはガラス製でした。
続いてプラスチック製が登場し、ポリメタルクリクレート、いわゆるハードコンタクトレンズの前身が登場しました。
ハードコンタクトレンズはケアが容易、寿命が長いというメリットがあります
しかし、酸素や涙を通さない等、弱点があり、長時間使用できるものはありませんでした。

そして登場したのが酸素透過性コンタクトレンズです。
酸素が透過するように改良され、長時間の着用が可能となりました。
現在市販されているハードコンタクトレンズはこちらを指します
しかし材料が硬く、どうしても装着時に違和感を感じます。
またゴミやホコリが入るととても痛いのも悩みどころです。

次に考案されたソフトコンタクトレンズは、含水率が高い素材で柔らかいため、違和感なく使用できます。
しかし含水率が高いので汚れが付着しやすく、毎日のケアが大変です。

コンタクトレンズに関して

コンタクトレンズのデメリット

コンタクトレンズのデメリットは以下の点です。

  1. 毎日のケアが大変
  2. 買い替えで費用がかかる
  3. 角膜の炎症等、目の疾患にかかりやすい
  4. 体質的に装着できない人がいる
コンタクトレンズは直接目に装着するので、どうしても角膜に傷がつき、炎症を起こしたりトラブルに繋がりやすいです。 アメリカやヨーロッパではコンタクトレンズよりレーシック手術の方が安全とさえ言われています。

eレーシック >> コンタクトレンズに関して