eレーシック >> コンタクトレンズによるリスク(白内障や緑内障)

コンタクトレンズによるリスク(白内障や緑内障)

コンタクトレンズ業界の不思議

メガネ(眼鏡)を嫌がって、コンタクトを使う人が急激に増えました。
年齢でいえば、10代後半から20代の人の多くが、コンタクトとメガネを併用している例が多いようです。
しかし、コンタクトはそれほど安易に使っていいものでしょうか?
実は、コンタクトレンズの使用には様々なリスクが潜んでいるのです。
まず、現在コンタクトを使っている方はどこで買っているのでしょう?
最近はインターネットで・・・という人もかなり多いのではないかと思われます。
しかし、ここにも大きな問題があります。
コンタクトレンズは基本的に医師による検眼指導の下でなければ作れないことになっています。
だから、コンタクトレンズを購入する場合は、基本的に医師の処方箋が必要です。
そして、コンタクトレンズは医師でなくては扱えない規則になっているのです。
ところが、これを扱っているメガネ屋さんやネットショップはたくさんあります。
これらのほとんどは、医師から名義を借りている場合が多いようです。
こういった場合、一番問題なのは医師であれば眼科医でなくても扱えるということ。
つまりは、内科医でも産婦人科医でも名義貸しが可能。
これはかなり「法律の抜け穴」的な制度だと思います。
ただ、過去にはこういったお店が摘発されたケースもありました。

コンタクトレンズの危険性

では、コンタクトレンズを利用することによるリスクについて説明いたしましょう。
まず、目の表面は角膜という組織でできています。
角膜は外からの光を最初に屈折させる場所であるとともに、目を保護して酸素栄養を取り込む重要な機能も担っています。
ところが、コンタクトレンズを装着する場合、この角膜の前に密着させることになります。
外界と遮断することになるので、どうしても酸素や栄養素を取り込みにくくなります。
それによって外から酸素や栄養素を取り込むための正常な働きができにくくなるのです。
例えば、角膜の後面に水分調節を図る角膜内皮がありますが、これが損傷されますと再生はできません。
最終的には角膜が濁って目が見えなくなる恐れがあるのです。
最近はコンタクレンズの質も良くなりました。
目に負担の少ない性能の良いものが出てきています。
しかし、いくら酸素透過率が優れていても、この内皮細胞数が徐々に減ることで形状が変化することはほぼ確実だとお考えください。

白内障が日帰り手術できなくなる?

実は、コンタクトレンズが開発されてから、まだ50年ほどしか経っていません。
老齢期の方がよく行う白内障の手術は、通常は日帰りなどで簡単に出来ています。
しかし、日帰りができている方は、コンタクトレンズに親しんだ世代ではありません。
目にあまり負担をかけずに過ごしてきた世代と言ってよいでしょう。
これから先、例えば15歳の頃から1日のほとんどをコンタクト装着で生活してきた人が、60歳になったとします。
白内障が出てきたので手術を・・といった時、はたして現在のように日帰りできるほど簡単に手術が出来るものなのかどうか、危惧されています。
角膜表面の内皮細胞
左の図はコンタクトの使いすぎによって角膜表面の内皮細胞が減っているのがよく分かります。

意外に多い角膜のトラブル

この大切な角膜の表面はおおよそ7〜8時間で再生されるといわれています。
コンタクトレンズを装着している場合、どんなに性能の良い製品でも眼にはかなりの負担が掛かります。 したがって、角膜を守るために外ではコンタクトレンズ、家ではそれを外してメガネ・・・という習慣をつけるといいですね。
大切なのは、目を休ませる時間を必ず作ることです。
そして1dayタイプのコンタクトレンズは必ず1日のみの使用に。
もちろん、2weekでしたら必ず2週間で交換すべきです。
規定の期間を使ったコンタクトレンズの見た目がきれいでも、それだけしか耐久性がないことを忘れないでください。
コンタクトを扱っているお店では、様々なトラブルが持ち込まれるようです。
例えば、長期間付けたままにしたために、コンタクトが剥がれない。
あるいは、見ただけで眼球が濁っている。
ひどい人になるとそのまま救急車で運ばれるケースもあるそうです。
コンタクトレンズでのトラブルで失明することは、実は稀な話ではないのです。
やはり、異物を装着するのではないレーシックを真剣に検討してみるべきではないでしょうか。

eレーシック >> コンタクトレンズによるリスク(白内障や緑内障)

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)