eレーシック >> レーシック手術ができない子供の視力回復方法

レーシック手術ができない子供の視力回復方法

レーシックで失明したケースはない!

まず、子どもにはレーシック手術をすることはできません。
「目が悪くなってもレーシックの手術を受けさせれば大丈夫」などと安易に考えないでください。
しかし、子ども視力低下をご心配なさっている親御さん自体はかなり多いと思います。
小学生の低学年から近視用の分厚いメガネをかけなければならないのは、とてもかわいそうです。
時にはいじめの対象になったりもします。
そのようなことを避けるにはまず、視力回復が必要なほど近視の進んだ子供にならないようにするのが一番。
そして親としても子どもが視力低下しないように正しい知識を理解しておきたいものです。
何よりも、子供が視力回復をする必要がないように、親が子供の眼を守る気持ちを持っていただきたいと思います。
特に最近では、任天堂3DSPSVitaなどと言った、ポータブルゲームの普及によって、ほとんどの子供がゲーム機を持っている時代です。
親と一緒に外へ出かける時でも、常にゲームを持ち歩いている子もよく見かけます。
「ゲームは一切ダメ」とまでは言いません。
ただ、あまり目を近づけ過ぎてしまったり、長時間連続してやってしまわないように、親がきちんと子供の眼を気にかけてあげることが大切です。

子どもの眼の成長を注意深く見守る

視力が低下してしまった子供の多くにいえることは、親が気付くよりだいぶ前から見えにくい状態になってしまっていた、という場合が多いものです。
大人は日々の生活の中で、「最近見えなくなってしまった・・・」と感じることがあります。
しかし、子どもはその微妙な変化に気づかないことが多いのです。
そして、気づいた時には視力矯正が必要になってしまっていた、というケースがほとんどです。
視力の低下はそれほど短期間の間に起こるわけではありません。
徐々に低下していくことがほとんどです。
ただし、成長期には注意が必要です。

はだいたい10歳位までにの発達して完成するといわれていますが、眼の機能もおおよそ3〜6歳にかけて完全なものになります。
そのため、注意深く眼のことに関しても観察してあげるようにしたいですね。

まずは視力検査が大切

何よりも、定期的視力検査を行うことが予防につながります。
視力回復が必要になった子供のほとんどは、成長期の過程の中の半年程度の期間に急激な視力低下に見舞われるようです。
一般的には、徐々に低下するもの。
しかし、体や心の成長が著しい時期に急速に進行してしまうこともあるようなのです。
そういった成長期などは特に注意が必要。
半年に1回程度は視力検査をすることが望ましいです。
視力が低下してしまい、視力回復のトレーニングなどが必要になると子供自身も負担を感じてしまいます。
授業中に黒板が見えにくくないかなど確かめたり、日常生活で、見えにくいことはないかなど、家庭の中でもこまめに声をかけるようにしましょう。
子供の眼の変化になるべく早く気づくことが大切です。

自宅でできる視力回復方法

幼少期に適応した英語教材知育教材などがありますが、そういったものと同じように、「眼育(めいく)教材」というものが眼のトレーニングの分野にもあります。
教材を使って、遊びやゲーム感覚で視力回復や視力低下予防ができる教材です。
子供が楽しく続けられるように工夫されています。
では、子供の視力低下に気が付いた場合、視力を回復させてあげることは可能なのか?
一般的なのが、「視力回復トレーニング」です。
これにはある程度の忍耐力が求められます。
親御さんも一緒にやってあげれば、子どもにとっても励みになります。
ただし、ある程度近視が進んだ大人の場合、あまりトレーニングの効果は期待できません。
子どもの場合も、あるレベル以上に近視が進行してしまった後では、トレーニングの効果が現れにくいものです。
自分と同じようにメガネコンタクトに頼らせたくないという親御さんに向いた、自宅でのトレーニングをひとつ紹介したいと思います。
それは、テレビや雑誌で視力回復に興味を持っている方々に人気のトレーニング方法はマジカルアイです。
立体視というものを利用する視力回復方法です。
このトレーニングは、眼の筋肉を鍛えて近視に陥った視力を回復していく手法です。
眼の焦点をずらすことで、ある絵の中から立体的な絵がある瞬間から飛び出して見えてくるといったものです。
トレーニングを楽しく続けられるような工夫が詰まっている人気の高い方法です。
子どもが楽しみながらやることによって日常の習慣にできれば、効果も出やすいと思います。

eレーシック >> レーシック手術ができない子供の視力回復方法

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)