eレーシック >> イントラレーシックとは?

イントラレーシックとは?

イントラレーシック

レーシックとは、機械式のマイクロケラトームを用いて角膜フラップを作成し、その下の角膜実質にエキシマレーザーを照射する方法です。 対してイントラレーシックは、赤外線フェムトセカンドレーザーマイクロケラトームを使って、機械式のマイクロケラトームより正確な角膜フラップを作成し、その下の角膜実質エキシマレーザーを照射する方法です。

イントラレーシックのメリット

  • ドライアイの出現率が低くなっています。
  • レーシックに比べ、さらに安全なフラップ作成が行えます。
  • 矯正精度の向上が期待できます。
  • 角膜の形状が複雑な方にも安全なレーシック手術が可能です。
  • 表面照射系より視力回復が早く、痛みもありません。

イントラレーシックのデメリット

  • 術後のドライアイとfrapによる合併症のリスクがあります。(ただし、ドライアイはレーシックよりも確立が低くなっています。)

手術手順

1.点眼麻酔

1.点眼麻酔

眼を洗浄したあと、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行います。

2.フラップの作成

2.フラップの作成

開瞼器でまぶたを開いて固定し、レーザーを照射します。レーザーが一定の深さに作用して空隙をつくり、それが連なって平滑な面のフラップを作成します。

3.屈折矯正

3.屈折矯正

作成したフラップを開いて、コンチェルトなどの屈折矯正用エキシマレーザーを照射し、角膜の屈折力を調整・矯正します。

4.消毒

4.消毒・完了

余分な水分や異物などは洗浄してきれいに取り除き、消毒をしたあとに、フラップを元の位置に戻します。フラップは自然に接着されます。
開瞼したまま数分程度安静にしてから、目薬を点眼して終了です。

eレーシック >> イントラレーシックとは?