eレーシック >> レーシックとイントラレーシックの違い

レーシックとイントラレーシックの違い

フラップの違い

イントラレーシックの新技術のポイントは「フラップ」の作成方法になります。
「フラップ」とは、角膜表層部を機械で丸く切り抜いたフタのような膜のことであります。
(後で戻すので完全に切り抜くのではなく、一部分はつなげたまま残しておきます)
イントラレーシックはこのフラップ作成にレーザーを用いております
この事により、安全で正確な施術を行えることが可能となりました。

ズレやシワが起こりにくい

レーシックのマイクロケラトームは金属の刃を往復運動させながら角膜を切り進めていくので、フラップを薄く作成することに限界がありました。
しかしながら、イントラレーシックのフラップはレーザーを使用することにより、滑らかで精密なフラップを作成できます
イントラレーシックのフラップのエッジは直角になります。
そのため、ズレ・シワといったことが起こりにくく、安定したフラップになります。

薄く、安定したフラップを作成できる

イントラレーシックのフラップはマイクロケラトームよりもはるかに滑らかな面で、正確な厚さにフラップを作成することができます。
フラップは薄ければ薄いほど角膜の安定や矯正に有利となります
マイクロケラトームを用いたレーシック手術のフラップは160μmですが、イントラレーシックを用いたレーシック手術のフラップは100μmまで薄くすることができるため、角膜ベッドは60μm厚くなりその分だけ矯正できる度数に余裕ができます
その結果、角膜は安定性を増して強い近視でも治すことができるようになりました

レーシック
イントラレーシック

角膜が薄い方や強度近視の方でも受けられる

イントラレーシックのフラップは、従来のレーシックに比べて、フラップを薄く作成することが可能となります
従って今まで角膜が薄いためにレーシックを諦めていた方でもイントラレーシックは対応することができます。
また、角膜ベッド(削った面の下側<=内側>)を厚く保てるので、強度の近視の方(=削る角膜の多い方)にも対応することができるのです。

イントラレーシックのメリット

  • クリアな視界が得られる
  • 精密で滑らかな安定したフラップを作成できる
  • 角膜が薄い方や強度近視の方でも受けられる

イントラレーシックのデメリット

  • イントラレーザーが高価
eレーシック >> レーシックとイントラレーシックの違い