eレーシック >> インフォームドコンセント

インフォームドコンセント

インフォームドコンセントとは

インフォームドコンセント 目を手術する、ということに最初は誰でも不安を感じるものです。
しかしその不安も手術前に正しい知識を身につけることで、軽減できるのではないでしょうか。

レーシック手術に限らずこれまでの治療は、専門知識を持つ医師が中心となって進めて患者はその指導に従うもの、という固定概念がありました。
しかし現在では治療に関する情報をできるだけ患者にも理解できるように説明し、治療計画を知ってもらおうという動きが一般的になりつつあります。
これを「インフォームドコンセント(informed consent)」と言い、情報を理解して同意するという意味があります。
手術を受けようとする人が、事前に手術について納得できるまで理解し、安心して手術に同意できるようにすることを指します。
患者が正しい知識を持ち、不安や誤解を解消することがより良い結果に結びつくと考えるのです。

1997年(平成9年)の医療法改正により、医療者は適切な説明を行って、
医療を受ける者の理解を得られるよう努力する、という義務が明記されました。

インフォームドコンセントの内容

問診やカウンセリングの中で医師がレーシック手術に適していると判断された方は、術前検査の結果などを元に以下のような説明が受けられます。

インフォームドコンセント
こうしたインフォームドコンセントの中では、手術のメリットだけでなく、デメリットの部分についても十分に説明されるべきです
また、患者側からも医師に遠慮せずにドンドン質問すると良いでしょう。
患者とのコミュニケーションが活発になると、医師は患者の容態がより詳しく把握できるのです。

説明を聞き、自分にとって必要だと十分に納得した上でレーシック手術を受けるようにしましょう。

eレーシック >> インフォームドコンセント