eレーシック >> 近視手術の歴史

近視手術の歴史

近視手術の進歩と普及

一昔前まではたとえ不便でも視力を矯正するにはメガネかコンタクトレンズしかありませんでした。
メガネかコンタクトレンズ以外の方法が無かったので、使用せざるを得なかったのです。

しかし最近の技術の進歩に伴い、新たな方法として注目されているのが「近視矯正手術」です。
これまでの道具で矯正する方法ではなく、外科的な手術により近視を克服しようというものです。
日本でも年々手術を受ける方が増え続けてます

この手術には大きく分けて3つの方法があります。

近視手術の歴史

RK方式(Radial Keratotomy)

1つ目はRK方式といい、角膜の周辺に放射状に切り込みを入れることにより角膜のカーブを軽減化し、近視を治す方法になります。
ロシアのフィヨドロフ博士によって考えられました。
日本では順天堂大学の佐藤勉教授が第一人者でしたが、難しい手術のため、佐藤教授の死後は余り行われなくなりました。

PRK方式(Photorefractive Keratectomy)

2つ目はPRK方式は角膜表面を薄く剥離して、剥がした部分に人体への影響がないレーザーを照射させる方法になります。
レーザーが使用されているという点が新しい技術でした。
通常近視矯正手術などで使われるレーザーは高熱を発しないもので、人体への影響がほとんどないものです。

レーシック(Laser in Situ Keratomileu)

レーシック(Laser in Situ Keratomileu) 3つ目はレーシック(Laser in Situ Keratomileu)となります。
3つの手術方法はそれぞれ特徴がありますが、近年ではほとんどがレーシックに移行されてます。
エキシマレーザーマイクロケラトーム等、技術面の発展の支えもあり、近視手術の主流となってます。

新しい技術

最近ではレーシックの進化版に当たる「イントラレーシック」「エピレーシック」「オルソケラトロジー」等、新技術がドンドン発表されてきてます。
特にオルソケラトロジーは、特殊なコンタクトレンズを寝ている間装着するだけで矯正が可能ということで、手術不要という点で注目されています。

eレーシック >> 近視手術の歴史