eレーシック >> フェイキックIOLとは?

フェイキックIOLとは?

フェイキックIOL

フェイキックIOL(有水晶体眼レンズ)とは、白内障治療で用いられるレンズと同等の素材で作成された人工レンズを目の中に挿入し、近視や遠視、乱視を矯正する治療法です。
白内障治療では白濁した水量帯を取り除きますが、フェイキックIOLは白内障治療を応用し、水晶体をそのまま残し、遠視や乱視を治すために眼内レンズを挿入する手術です。
1986年にヨーロッパで始まったこの治療方法には20年の歴史があり、現在では全世界で15万面もの症例数があり、非常に良い結果を得ています。
安全性につきましては、2004年9月に世界で最も厳しい安全基準を持つアメリカの公的機関FDA(米国食品医薬品局)によって承認を受けました。

フェイキックIOLのメリット

  • レーシック後に時折起こる、周辺視野の見えづらい等の心配がいりません。
  • レーシックなど、他の近視矯正手術に不適合だった方でも受けることが可能となります。
  • 一回の手術は20分程と比較的短い手術になります。
  • 一般のコンタクトレンズのように取り出して洗浄する必要がありません。
  • レーシックと組み合わせることにより、より一層効果が期待できます。
  • 万一問題があった場合でもレンズを取り出せば、目をもとの状態に戻すことができます。

フェイキックIOLのデメリット

  • 視力の安定に時間が必要となりますので、両目同時には手術ができません。
  • 実施している病院、クリニックが少ないです。
  • 日本では症例数が非常に少ないです。
  • 長期的な安全性は不明となります。

手術手順

フェイキックIOL

1.穴を開ける

術後の眼圧上昇を防ぐために事前にレーザーで虹彩に穴を開けます。

2.切開

麻酔後、白目部分から切開します。

3.レンズの固定

切開箇所からレンズを挿入し、虹彩に固定させます。

4.術後

切開箇所を縫合し、終了となります。

eレーシック >> フェイキックIOLとは?