eレーシック >> エピレーシックとは?

エピレーシックとは?

エピレーシック

エピレーシックは、角膜の一番外側の層にある角膜上皮をエピケラトームという新しい機械により剥離し、フラップを作成します。

この方法により、フラップ作成後の残りの角膜をたくさん残すことができ、従来の方法では角膜の厚みが足りずレーシックを諦めていた方でも、視力回復の可能性が広がりました。

フラップ作成後、フラップをめくりエキシマレーザーを照射し、角膜のカーブを変え、近視、遠視、乱視を矯正します。
その点は従来のレーシックと同じです。

特徴

  • 薄いフラップを作成することができるため、従来角膜厚が足りなかった方でも手術の可能性が広がる。
  • フラップを作成しない従来のPRKという手法よりも、術後の痛みを軽減でき、視力の回復も早い。
  • 上皮が再生することで作成したフラップはなくなるため、格闘技など眼に強い衝撃が加わるスポーツをする方に向いている。

こんな方におすすめ

  • 日常生活でメガネ、コンタクトレンズが煩わしく、不便に感じている方
  • スポーツや趣味などでメガネやコンタクトレンズの使用に支障がある方
  • レーシックをするには角膜の厚みが不足している方
  • 格闘技や眼に強い衝撃が加わるスポーツを職業とされている方
1.点眼麻酔

1.点眼麻酔

手術の前に点眼薬で麻酔をします。

2.フラップ作成

2.フラップ作成

エピケラトームで角膜上皮を剥離し、作成したフラップをめくります。(取り除くクリニックもあります。)

3.フラップ起こす

4.レーザー照射

エキシマレーザー照射して、近視や乱視を矯正します。

4.レーザー照射

4.フラップを戻す

フラップを戻します。

5.コンタクトを装用する

5.保護用コンタクトを装用する

保護用コンタクトを装用します。

eレーシック >> エピレーシックとは?