eレーシック >> レーシック手術後の注意点

レーシック手術後の注意点

レーシック手術の後、何に注意すべきか?

視力回復のためのレーシック手術を受けた後は、ほとんどの方は直ぐに視力回復効果が現れます。
回復した視力によって、はっきりとものが見える日常生活が快適に送ることができます。
ただし、安定した視力の回復のためにも、手術を受けた後の注意点についてきちんと理解しておく必要があります。

まず、衝撃を避けて早めに就寝

レーシックを受けた当日は、帰宅ラッシュなどの時間帯に重ならないようにすることがポイントとなります。
電車の中の人ごみにいることで、なんらかの衝撃が眼にあるとフラップが外れてしまう可能性があるからです。
もちろん、激しいスポーツなどはもってのほか。
また、眼を酷使するような行動は避けて、出来るだけ早く就寝するようにしましょう。
読書などもできれば避けた方がいいでしょう

手術後は点眼薬を必ず点けること

医師から指示されたとおりの点眼薬を数種類、決まった時間に必ず点眼することが重要となってきます。
視力回復手術当日〜数日の間は、通常3種類の点眼薬を1時間おきにさす必要があります。
目薬を一日中さしているように感じますが、これも大切なことなので必ず行ってください。
また、注意点としては、続けて3種類の点眼薬をさすと直前にさした点眼薬が流れてしまいます。
したがって、10分程度時間を置くのがよいとされています。
ただ、こういった作業を1時間おきに繰り返すとなると手間のかかることになり、嫌がる人も多いようです。
しかし、視力回復手術の後の目は傷が付いている状態になります。
ご自身の目と視力を大切にするためにも、必ず医師の指示に従うことが重要です。
万が一、この点眼薬をさすことをおこたってしまうと、リスクである感染症を発症してしまう可能性もあります。

お風呂とシャワーは翌日から

入浴やシャワーについてですが、手術の翌日から可能となっています。
洗髪や洗顔は、翌日の検診によって問題がないという医師の診断があれば可能になります。
ただし、この際には眼に石鹸やシャンプーが入らないように注意する必要があります。
お化粧も1週間は控えましょう。
女性にとっては、お化粧のアイメイクが気になりますね。
しかし、手術を受けてから1週間は我慢してください。
1週間後の検診で医師から問題がないとの診断が出てからアイメイクが出来るようになります。

ドライブは3日間控える

車やバイク運転についは3日間程度控えたほうがいいようです。
まず、目を疲れさせないことがひとつ。
さらに、回復した視力になれることも必要です。
そして、それ以降も視力が安定してくるまでの間は、夜の車の運転には注意が必要といわれています。
ただ、仕事の関係でどうしても車を運転しなければならない、という方は手術後に2,3日休暇を取るのがベストです。
また、レーシックを受ける前によく医師に相談をしておくことが重要です。

なるべく眼を休ませる

手術後の数日間は、なるべくテレビやパソコンなども控えたほうがいいでしょう。
手術を受けたご自身の眼を、できるだけ休ませてあげるように気を配りましょう

レーシック手術後、スポーツには要注意

スポーツについては要注意です。
ゴルフのような軽いものでしたら2週間後から可能です。
しかし、テニス水泳のような激しい動きを伴ったスポーツは1ヶ月経ってから行いましょう。
格闘技なども要注意です。
詳しくは、手術を受けた医師に相談して決めるようにしてください。

アルコールは3日間控えてください

手術を受けた翌日から、日常生活を普通に送ることは可能です。
しかし、アルコール類の摂取は3日間控えてください。
ご自身の眼ですから、何よりも大切にすべきです。

迷ったら医師に相談

手術後に、「これはいつからしていいのだろう?」と迷った時には、事前に医師に質問をして解決をしておきましょう。
自分では大丈夫だと思い込むことは危険です。
そして、医師から止められていることや指示されていることについては、必ず守るよう心がけましょう。

eレーシック >> レーシック手術後の注意点

レーシッククリニック現場へ潜入レポート!レーシックの魅力や衛生面など、知りたいことを直接先生に聞いてきました!
品川近視クリニック
(09/11/05 更新)